彼氏・夫が若い女性へと「パパ活」していたら?

 勝てる恋愛テク

■ パパ活は浮気なのか?
18歳~22歳の大学生へと資金援助を目的とした交際を”パパ活”と言うそうですが、枕までしていれば援助交際・売春となります。言葉を変えても実態は同じですからね。なので、それらの行為を見つけたら「辞めさせたい」の考えは間違いに思います。その事実を知ったら「別れる」が最初に考えるべきことです。それが父親として子供への責任・夫として妻への責任から中々できないのでしたら、辞めさせる方向での検討となります。

● 男性の多くはスケベである
下心を出すオープンなスケベと、下心を隠して紳士を装うムッツリスケベに分かれます。上記のパパ活をスパッと辞めれるのはオープンスケベとなります。逆にムッツリだと中々奥深い性癖が隠れているので、「辞めてほしい」と言ってもスパツとは出来ないケースが多いです。

● エッチが無ければ浮気じゃないのか?
肉体関係の有無で「浮気」を計るのは、民法上の不貞行為かどうか?の部分であり、精神的な裏切りとなる「浮気」は性行為の有無を問いません。LINE交換して、妻・彼女がしらないところで女性と連絡していた。その内容が食事・デートの誘いになっていれば、その時点で下心が出た浮気と言えるでしょう。こそこそ連絡を続けている時点でOUTですよね。なので、キス・腕組み・ハグだから浮気じゃない!って言うのは浮気ボケした感覚なので、その感覚を正論として言ってくることに飲み込まれてはダメですよ。

● 風俗は浮気なのか?
これは配偶者・彼女が「OK」としていれば浮気と考えなくても良いです。女性が商売として時間を対価に変えているので、サービスの提供側・受ける側の関係のみです。誤解しそうなのはパパ活も時間を売っているのでは?ですが、これは違いまして、風俗店は風営法により届出をした正当な商売です。ですが、パパ活は個人間のやり取りですから、出会い系・テレクラにより「ホ別で**万円」と同じになります。風俗店で知り合った女性と個人的に連絡を取り合って、店外で会うと…。これは風俗店ではなく「個人」ですから、お金が発生しないデートならば、単純に男女のデートですし、お金が発生しているデートでもパパ活と同じで「商売」としての境界線がありませんので、本気なのか・遊びなのかは区別がなく浮気であると考えられます。

● 「友達だから」は認めるべき?
恋愛感情があるか、ないか、は当人しかわかりません。ケースによっては当人も「好き」を気付いていない時だってありますからね。やはり男と女が2人で会うと言うのは「友達だから…」と言っても決して良い行動ではありません。当人たちは友達と思っていても、その恋人にとっては少なからず心配なので、どちらの感情を優先するべきか?で考えれば、優先するのは心配になっている方です。どうしても会う必要があれば、2人ではなく3人と1対1になるのを避けるのも優しさではないでしょうか。

● パパ活は高い確率で遊ばれている
お金を渡す側が「遊んでいる」と思っていても、実質的なマウントは女性側にありますので、広い意味で考えると遊ばれているのはお金を出している男性の方です。これを本命彼女・妻としては情けなく思いますからね。お金を使って、遊ばれて、利用されて…。と彼氏が鼻の下を延ばしていたらエッチするのもイヤになるのが当然です。このように遊ばれるタイプはムッツリ男性に多いので、自分の遊ぶ予算を超えてまで女性に奉仕する傾向があり、借金したり・博打で稼ごうとしたり、で現実を見失っているケースも少なくありません。これらの男性でも、何かの出来事により目を覚ますこともあり、そこまで我慢できるのなら彼女は支えても良いと思いますよ。
(記事:URAKAMI)

この記事をシェアする