関西も梅雨入りしたので「雨」の別れさせ作業が必要です

 別れさせ・復縁事例地域別

関西でも梅雨入りが宣言され、しばらくは雨との付き合いが続きそうです。
私達も長靴やレインコートを用意てし、雨の日の調査に備えてますよ。
雨と言えば、「雨男」「雨女」と言われるように、あまり人から歓迎される天気ではないですよね。

・雨の日の外出は、濡れて化粧もはがれる
・髪の毛や荷物もびしょびしょ
・電車は遅れる
・道路は車で混んでいる
・折角、洗車したのに汚れる

こんな感じでマイナスにどうしても目が留まり勝ちになります。
特に客商売をされている方の場合。
雨が降れば客足が遠退き、店先は閑古鳥が鳴く日が多いのではないでしょうか。
小売店やアミューズメント施設も毎年梅雨の時期は振るわないようです。
ですが、ピンチはチャンスの意識で「雨」を考えてみますね。
生き物が逆境で進化したように、条件が厳しい時の策ほど効果があると言っておきましょう。
世の中を制するのが、人と違ったことをする少数派であるように…。
奇策とは言いませんが、他人が避ける雨の日にこそビッグチャンスがあるのは、人間関係や恋愛でも同じでしょう。

例えば、アパレルショップ店員の場合。
普段の晴れの日は、忙しくて接客がおろそかになり勝ちです。
でも、雨で店が暇な日は、1人のお客様の話をじっくり聞いてアドバイスするなどの対応ができます。
同じショップ店員に気になる異性がいる場合は、雑談を通して心の距離を近付ける絶好の機会と言えます。

「でも雨の日はデート先も限られる」
そんな事を考えたら、あなたは世間一般の多数派に属すると言わざるを得ないでしょう。
例えば、豪雨の日にユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行く人は、まずいないですよね。
ジェットコースターなどのアトラクションは動いていないものもあるでしょう。
ですが、晴れの日は2-3時間待ちになる人気アトラクションが待ち時間数10分で乗れるかも?
いつもは満席のレストランの席の確保も容易です。

あとは、雨の湿った空気をどう吹き飛ばせるかは、あなた次第。
事前に長靴やカッパなどの雨具を用意して….。
「こんな雨の日に来るなんて」
「うちらってスゴイよね」
なんてトークを展開できれば、楽しい雰囲気を醸し出せますからね。

また、「梅雨」だからと理由があれば。

・車で送迎してあげられる
・自宅にいることが多いため、電話やLINEに応じやすい
・あじさいの花を見に行く口実ができる

など、雨だからこその恋愛チャンスは探せばもっと見つかるのではないでしょうか。
恋愛では、しばしば「雨の日の思い出」と言われ、人の心に強く残ります。
「そう言えば、◯◯だった時も雨だったな」と雨が降ると思い出すことも多いでしょう。
心に残る雨だからこそ、どうせならよい思い出を残したいものですね。

● 雨の日に別れさせる作業
弊社では「雨」の予報を週間天気予報にて確認して予定組みをしています。
尾行するなら雨の日は最善です。
ですが、別れさせ作業の大切な「接触(出会い作り)」は晴天~曇りを理想としていますので、
雨が降っていると延期にする事も多いですよ。
これは心理的な雨(濡れる・汚れる)のマイナス効果が大きいので、女性を対象とした接触では裂けてます。
男性を対象とした場合では、天候により影響は少ないですね。

不倫中の方で「探偵に浮気調査されるかも…」と不安の場合
雨の日、夜になると探偵にとっては非常に難しい環境になってきます。
なぜかと言いますと、カメラのピントが合わないのです。
ビデオ・一眼のどちらもですが、車から撮影するとなればガラスに付いた雨粒にピントが合ってしまう。
よって大切な一瞬を撮りたいのに…ピント合わせに時間が掛かってシャッターチャンスを逃してしまうのです。
そんな経験をした探偵も多いのではないでしょうか。
ただ、車の中でイチャイチャしているような不倫だと、ホテルに入る一瞬とは違いますからね。
夜であれ、雨であれ、豪雨であっても撮影されてしまうと思います。