四月病と恋愛の関係性・上がると下がる気持ち

 勝てる恋愛テク

四月病と恋愛の関係性・上がると下がる気持ち
「四月病」はご存知ですか?
解りやすく言うと、現場モリモリになり過ぎている状態です。
寒い冬を越えて、やって気温も20度になり暖かくなってきた!…と自然とテンションが上がりますよね。
このように通常時よりも大きくなっている状態を「四月病」とされてます。
恋愛においては、機嫌が良い時期として好まれがちですが、
実際には「上下」の振り幅が大きいという事で不安定かも?と避けられるケースもございます。

我々のような別れさせ屋に多く寄せられる四月病に関与した内容とは?

・夫が妻と別れたい
・妻が夫と仲直り、倦怠期の解決を希望

このように夫婦関係から、時期的な躁に対してお問合せを頂くことがございます。
気持ちが不安定になると言うことは…
日常的に嫉妬・束縛・過度のヒステリックが繰り返されている可能性もあり、
夫が妻を広く受け入れてない限りは長続きしない状態です。
人間ですからね。
気持ちが上下することは誰にだってあると思います。
ただ、その振り幅がドーンと大きいと相手は疲れますからね。
それが家庭環境となれば、現実逃避から浮気になるケースも多いのです。

この記事をシェアする