恋愛的な節税・ポイント還元と上質な時間は、どちらが大切ですか?

 勝てる恋愛テク

消費税が2019年10月に8%から10%に増税(軽減税率適用品目は8%に据え置き)になりました。
家計簿をつけられてと、家計への影響を感じますよね。

ここで、軽減税率について軽くご説明致します。
国が「低所得者に経済的な配慮をする」名目で進めている取り組みだそうです。
生活に必須の食料品などの税率を低くするもの。
例えば、小売店や飲食店などの場所を借りる外食(イートイン)は、消費税10%の対象となります。
内食(持帰り)や中食(調理済み食品を家で食べる)は軽減税率が適用され消費税8%です。
同時に、国や電子決済サービス関連会社がキャッシュレス決済の導入を進めています。
期間限定ではありますが…
商品購入をキャッシュレス決済で5%程度の割引き・ポイント還元の店舗を至るところで見かけますよね。
買物の基準が「欲しいもの」から「お得なもの」に変化しているのかも?

人によって、消費に対する考え方はさまざまです。
恋愛はもちろん、長い目で人生を見た場合。
すべては日々の経験によって積み上げられていくものだと思います。
景気が低迷していることもあり、消費には敏感になりがちです。
お金で経験を買う、という価値観のもとで、お金の使い道を考えたら…
「欲しいもの」
「上質な時間」
これらを犠牲にして「お得なもの」へ走るのは本末転倒ではないでしょうか。

例えばですね。
デートや生活でも、キャッシュレス決済や軽減税率適用である外食チェーンのテイクアウトを利用ますよね。
食事に限らず、“お得な情報”に惑わされるケースが多いと思います
そうして恋人との時間を知らず知らずに犠牲にしていると?
変化が少なくマンネリ・倦怠期に入ってしまう可能性もナイとは言えないのです。

① 上質な時間
② 節約

この優先順位がブレてはいけないと思いますよ