25歳女性と子供2歳の生活・離婚は夫の浮気

 別れさせ・復縁事例

25歳女性と子供2歳の生活・離婚は夫の浮気
「別れさせたい」とのお問合せには色々な事情があるかと思います。
男性
女性
未婚
既婚に不倫
そして復縁
それらの恋愛事情にはお子さんが関与しているケースが約50%ございます。
離婚と言うのは父親・母親の問題であり、幼い子供には事情や原因を知る事なく進んでしまいます。

そんな離婚ですが….。
別れさせ屋として「ひどい話だなぁ」と感じることもあるのですが、本日のその1例を記事にさせて頂きます。

<内容>
相談者は25歳の女性。
実家は東北地方ですが、学生時代からの恋人との結婚により大阪に出てきた。
母親からは「しっかり夫を支えなさい」と言われ、自分がしたかった目標・夢を諦めて結婚を決断。
そして直ぐに妊娠。
だけど夫は以前から「浮気?」と言う行動が多いので、不安を抱えながらの生活をしていました。
そんな折、夫が朝帰り。
ダメだと解ってたが衝動を抑えきれずに夫の携帯を見てしまった。
「楽しかったよ。またね」
「今度もいっぱいしようね」
「早く、離婚できるといいね」
こんな内容を浮気相手としているのを確認。
慌てて夫を起こして問い詰めるが、「うるさいなぁ。イヤなら子供と出て行けよ」と一蹴される。
夫の母親に相談するが….
逆に怒鳴られてしまう、家事しない、子供の世話をしない、金遣いが荒い、夜遊びが多くて朝帰りもしている。
夫がしている事を、妻の行動と転化して母親・父親に伝えていたようです。
これでは自宅に居場所がないと考えていると精神的に不安定となり、ヒステリックな言動を取ってしまってた。
この行動を「DVの証拠」として夫から離婚を告げられる。

ひどい内容ですよね。
夫の我侭、そして策略的な囲い込みにより妻の居場所は完全になくなってしまいました。
「子供と出て行けよ」
こんな事を軽々しく言えるのは父親としての自覚が欠落しているからです。
では、なぜそうなったのか?
多いのは妻との結婚・妻の妊娠の前から不倫していた可能性があります。
元彼女、同僚や知人など。
最初は妻+家族と彼女で天秤に掛けていてと思いますが、その比重が愛人に寄ってしまうと…。
子供の愛情が無くなってしまう方も多いようです。

● 妻が1人で子育てする
実家が遠方だと頼り処ってないですからね。
非常に我慢した生活をすることになると思います。
子供にはお腹いっぱいに食べさせて、人並みの幸せを感じさせたい。それは誰もが願います。
しかし!
このような流れで離婚に進んだケースでは、養育費などの資金援助は3ヶ月~6ヶ月で止まることがあるんですよ。
家の家賃
食費
医療費
保険
服や薬
仕事を探すにもお子さんを預ける施設代も高額ですし、仕事は簡単には見つかりません。
なので借金して、その借金を返すために借金を繰り返す。
子供の世話があり短時間で稼がないといけないので、水商売・風俗店へと面接に行く。
そんなケースも実際にあります。
だからこそ、夫も妻も、愛人となる彼女にも「離婚したらどうなる?」は冷静に考えるべきですよ。
離婚したらしらん!なんて無責任すぎるのです。
父が居て、母がいての子供の存在ですし、浮気による恋愛では少なからず「嘘」で固められた関係じゃないですか。
そんな恋人です。
妻・子供に隠して不倫しているという事は、それは自分が結婚したら…の未来予想図と言えます。
大切な子供を最優先で考えられないのは、きっと後悔する人生になるでしょう。
自分が裏切られるかも?と恐々と関係を深くするよりも「別れる」と見切る選択の方がメリットは大きいと思いますよ。

不倫の被害者は子供です

この記事をシェアする