生活習慣と行動の“質”を高める方法を考える

 勝てる恋愛テク

「暑くて動くのがしんどい」
気温が30度を超れば、クーラーが効いた部屋から抜け出せず…
涼しい部屋でスマホを弄って時間を過ごす方も多いのではないでしょうか。

気が付けば数時間経っていることもあり、質(生産性)の高い時間を過ごせているかは疑問です。
ここで今1度確認しておきます。
利益を得ようとするならば、それ相応の代償を先に支払わなければならないということ。

わかりやすい例がお金です。
仕事の対価として報酬(金銭)が支払われるのではないでしょうか。
金銭を介さない恋愛や対人関係もしかりです。
こちらが何か価値を提供して、はじめて相手が応えてくれるものと思います。
「人から愛されたい」と願うのであれば、愛されるに値する人間になる必要がありますよね。

休息を除き「ダラダラ」の時間はですね。
代償を支払うという意味におきまして、極めて理想的ではない時間の過ごし方でしょう。

ですが、人は苦痛や困難に立ち向かうよりも、楽な方へ流されてしまう傾向にあります。
1歩行動するためには、動機といいますか…
苦痛や困難に打ち勝つ「目的や目標」の設定が重要です。

例えば「人間的魅力により人の心を掴み、人の役に立ちたい」という目標を設定したとします。
人の心を掴み、
役に立てることによって得られる利益を考える時、同性異性問わず人を介して得られる。

・好意や愛情
・金銭
・情報や知識
・支援や手助け
・充実した時間や経験

上記のような「人の心を掴み、役に立つ」ことを考える時。
日々の行動の積み重ねやトレーニングが重要になってきます。

「日々どういったルーティーンを行えば良いのか?」

・体調管理
・身だしなみの確認
・的を得たコミュニケーションやトークを意識する
・足りないと思われる知識を身に付ける(情報収集)
・自分に自信を持つ

これらは必須でしょう。
ルーティーンといいますと、同じ作業の繰り返しのイメージがありますよね。
日々の行動やトレーニングの質をどこまで改善できるか、で得られる利益(成果)が大きく変わります。
行動の質を追求し、
その改善点を見つけるための考える力や客観的視点をどこまで磨けるのか、
こちらが、飛躍的な成長、成功に繋げるポイントです。

この記事をシェアする