梅雨だから、雨の日デートは濡れて印象UP

 勝てる恋愛テク地域別

「雨男」
「雨女」
デートの日に雨が降れば、相手が悪い(冗談)と言った経験があると思います。

「先週のデートも雨だった」
「あの時は雨で大変な目に遭った」
「どしゃ降りだったけど笑えて楽しかった」

そんな雨の日の経験って記憶に残っているものです。
楽しみにしていたデートの日が雨。
盛り上がっていた気持ちが一気に落ち込みますが、やっぱり雨でも楽しかった。
こうなれば、また気分は上昇しますよね。

この気持ちの乱高下、短期間での喜怒哀楽の変化こそ!
良い意味でも、悪い意味でも、人の印象は記憶に残るスイッチになってきます。
つまり、雨の日は思い出作りのチャンスとなります。

ですが、ドライブや屋外型テーマパークなど。
晴天時に向いているデートスポットをチョイスしてしまうと…
雨でせっかくの景色が台無し、
ずぶ濡れで終始テンションががた落ち、なんて最悪の思い出になります。
かといって、水族館、映画館、ショッピングモールなど。
屋内型施設では、施設に入ってしまえば、天候は関係なく楽しめるので、
「雨」をなかなか意識できないのではないでしょうか。

雨の日のデートの理想はですね。
適度に雨を体験しながら楽しめるスポットだと思いますよ。
関西だと、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が挙げられます。
屋内型のアミューズメントも充実していますし、
雨天では普段より人も少なく、お土産売り場もゆったりと楽しむことができるでしょう。
ですが、パーク内は屋外を歩いて移動しますから、雨を意識します。

神戸は、北野異人館街の異人館巡りが理想でしょう。
JR三ノ宮駅、阪急神戸三宮駅から徒歩15分ほどでアクセスできますからね。
三宮センター街でショッピングも楽しめます。
雨の中の異人館を眺めるのも趣があって面白いのではないでしょうか。

京都は、雨の中での寺院巡りです。
人もまばらな寺院の館内、茶室でゆったりした時間を過ごせそうですね。
雨が滴る庭園を眺め、
雨音に耳を澄ませれば、時を忘れ、自然と和やかな気持ちになりそうです。

奈良では、雨だからこそ、古都の文化に浸かることができると思います。
寺院での写経体験やお茶席体験、
普段は急ぎ足で立ち去る平城京跡地や奈良国立博物館、奈良県立美術館など。
文化施設の資料にもじっくり目を通すことができます。

「雨男」
「雨女」
この言葉がプラスイメージになるようデート運びを組み立てること。
そうすれば、雨が降れば…
恋人にドキドキした思い出が甦って長期的な印象UPに繋がると思いますよ。

この記事をシェアする