既婚パーティー、男性参加料は女性の10倍なんだろう?

 勝てる恋愛テク別れさせ・復縁事例

「男性と女性でどうしてそんなに差があるの?」
婚活パーティーの利用料、男性1万円、女性1000円と聞くと驚きますよね。
なにしろ男性は、女性の10倍ですから。

日本の出会い市場では、男女のマッチングサービスは、男性からの利用料徴収を目的としているものが多いです。
相席居酒屋、
出会い喫茶、
出会い系サイトなど、
これらでは女性が無料で利用できるものも少なくありません。
その中でも、男女の年齢、独身・既婚・離婚歴などのステータスを限定したばあい。
参加費は、男性3000〜1万円、女性1000〜3000円といったところではないでしょうか。

冒頭のあるサービスの利用料とは、某既婚者限定お見合いパーティーの参加費です。
主催者側の意図もあるので一概には言えませんが、
単純に男女の値段比だけで考えると、不倫願望のある既婚の男:女は、10:1で女性の売り手市場であると考えられます。

独身・既婚の男女を含めた恋愛市場全体でみましても、
既婚女性でも交際可能という独身男性は多いですが、既婚男性でもいいから交際したい独身女性は比較的少ないですよね。
こういった恋愛市場の男女比の観点を考えた場合。
独身男性を含めたライバル(恋敵)との競争の中で、
不倫相手が見つからない既婚男性に対し、既婚女性はすぐに相手を見つけることができます。
もちろん女性としても男性なら誰でもよいとわけではないです。
独身者を含めた女性のほうが不倫しやすい環境にあると言えるのかも知れません。

一方、不倫相手もしくは配偶者との「別れさせ」の相談となった場合。
比率としては女性相談者が多いです。
恋愛市場で売り手市場のはずの女性がなぜひとりの男性に固執するのか、という疑問の声もあるでしょう。
ココは、ここまでの話の経緯を見てもわかりますように、
出会い、恋愛初期から恋愛成熟期にかけて、男性の恋愛感情が強→弱、女性が弱→強へ行く傾向があります。
逆のケース、男性が弱→強、女性が強→弱もあることは事実ですが、割合的には低いと思いますよ。
冒頭の既婚者パーティーの男性1万円、女性1000円の相場が、
男性のほうが妻への気持ちが弱まっている、もしくは浮気心が芽生えていることを表している気がします。

皆さまは、自分の恋愛で男女間のパワーバランスがどのように変化していくか予測してますか?
「ずっとお互いが同じ気持ちのまま」と言い切れるても….
本当に相手はそう思っているのでしょうか?
世の中の男女が長期安定できるタイプであれば、出会い関連で男性だけ高くなることはないでしょう。

■ 「別れさせ屋」とネット検索する
弊社代表の「別れさせ屋の社長ブログ」は1日に1,000人~3,000人の方に閲覧して頂いてます。
それだけ恋愛に悩む方が多いのではないでしょうか。
不倫
浮気
復縁
これらの恋愛相談を日々頂戴していますので、全国でも沢山の方が同じ悩みを持っているのだと思います。
世間的には「別れさせ屋に頼んでまで恋愛したいの?」と意見があります。
そんな方々の意見は間違いでありませんが、恋に悩んで事故解決できる方なのでしょうね。
病気だと自分で治せば病院には行きません。
事件だと自分で解決ではれば警察に行きません。
裁判だと自分で訴訟できれば弁護士に頼りません。
自宅だって自分で建てられたら不動産屋さんに依頼する事もないのです。
それぞれに「専門」があり、自力解決できないから私たちのような仕事が存在しています。
人に何を言われても、世間に何を言われても、
お客様が必要として頼られる存在であれば、「別れさせ屋」は必要な存在だと考えています。
ただ残念なのは…業界には信用の低いトラブルメーカーがあるのも事実です。
ご相談・ご依頼の際は、事務所(オフィス)に訪問して実態を確認してくださいね。
秘書センターやバーチャルオフィスを利用している業者がスタッフを確保できるのか?
疑いをもって検討して頂ければと思います。