恋愛事故を回避する、正しい恋愛技術

 勝てる恋愛テク

アクション映画や漫画の主人公がバイクにまたがり、車とカーチェイスを繰り広げる。
華麗なハンドルさばき、悪党をバッタバッタと倒していく。
「あんな風にバイクで疾走できたらな~」
皆さんが憧れを抱いたことがあると思います。

ですが…冷静になると、
「転倒したらどうしよう」
「ハンドルさばきを過ったら」
「二輪は不安定で怖い」
こんな自分や他人の声に反対され、バイク乗りを断念した方もいらっしゃいます。

「バイクは体もむき出しで転倒時、負傷しやすい」
「夏は暑く冬は寒い」
「路面の状態が悪ければ転倒しやすい」
「バイク乗りの気持ちが理解できない」
車に比べて危ないのに…が乗らない人の意見だと思います。

しかし!
バイク愛好家に言わせるとですね。

「自然と一体感が得られる」
「風を切る爽快感が堪らない」
「スリルにゾクゾクする」
「お気に入りのバイクに乗っている満足感」
「彼女と乗れば、体を密着できる」

これらの魅力・“楽しさ”を熱弁されます。
転倒の危険性については、
「正しい技術と知識を持ってツーリングに臨むこと」
「車種についての知識、専門家からのアドバイス、入念な整備」
これらの重要性を説きます。

バイクに限らずですが、ビジネス・冒険・人間関係も同じに思います。
新しいことへ挑戦する場合。
常にリスクが付きまとい、逆にリスクを避ければ退屈・倦怠から変化のない日々が待っている。

極端な例になりますけど。
異性を好きにならず、交際しなければ、失恋して傷付くことや、異性に裏切られることはない。
浮気されることもない。
気持ちが不安定になることもありませんよね。

ですが、そんな人生は果たして充実していると言えるの?
誰も愛さず、誰からも愛されることのない人生。
それは幸せと言えるのか、と聞かれれば疑問ですよね。
恋愛すれば、幸せな気分になったり、性的欲求が満たされるメリットもあれば、
先ほど挙げたようなデメリットもあります。
恋愛に臆病になっている人はデメリットが心にブレーキを掛けているのでしょう。

恋愛のデメリットを乗り越える方法。
これは、バイク同様に、正しい知識や技術を学ぶ、ということです。
“事故”を防ぎ、快適な恋愛ライフを送るためには、恋愛スキルの習得が不可欠ですよ。