“商品と自分”、売り込むのはどちらが効果的なのか

 勝てる恋愛テク

「商品を売り込む前に自分を売り込め」
営業経験があれば、先輩社員や上司からアドバイスされる言葉です。

言われた通りにして成功した人、成功しなかった人と結果は各々で違うと思います。
冒頭のフレーズを恋愛に置き換えてみますね。

商品=異性的な魅力
自分=人間的な魅力

異性的魅力とは、文字通り異性に求める魅力です。
男性であれば、容姿端麗で色気あるナイスバディな女性を見たとは。
女性であれば、洋画に出てくる白馬に乗った王子様の男性。
きっと目を見開いてジーッと観察しますよね。

人間的魅力とは、その人が持っている固有の魅力です。
特技や人情、義理がたさ、思いやりなどがこれに当たると思います。

結局、異性的魅力(商品)と人間的魅力(自分)どちらを売り込めばよいのか?
又は、どの割合で売り込めばよいのか…
ここは相手がどんな幸せな未来を想像し得るのか、を読み取ることがヒントです。

極端なケースですが、資産家で秀才のイケメン男性が居たとします。
当然、大勢の美女に言い寄られてます。
なので、表面的な魅力しか見られていないことに寂しさを感じているかも?
そんな時、ルックスがイマイチでも、自分への優しさや思いやりを示してくれる女性が現れると。

「この人は自分を大切にしてくれるだろう」

こうやって好感を抱く可能性があります。
ですので、異性的魅力を2・人間的魅力を2が適度な割合かと思われます。

一方、女性との交際経験が乏しい男性の場合。
ドラマに出てくる女優のような女性と恋愛したい!と夢見る男性が居たとします。
このケースでは…
普段の生活換気用では会えないような美女が目の前に現れれば?
”一目惚れ”になる可能性は高いです。
ですので、異性的魅力8・人間的魅力2が良いと思います。

つまり、商品・自分のどっちを売り込むかは、相手が思い描く通りに売り込むこと。
これがベストです。
ただし、商品は交換可能であるのに対し、自分は代わりがありません。
なので、心を長く掴んでには人間的魅力を磨くことは必須となります。

この記事をシェアする