「滋賀府民」の“聖域”を侵していませんか?

 別れさせ・復縁事例地域別

滋賀府民(しがふみん)という言葉をご存知でしょうか?
県民ではなく滋賀府民です。
特に定義はないようですが….。
滋賀県に住み、大阪府または京都府に通勤・通学する人のことを言うようです。
特にベッドタウンを多く抱える滋賀県南部は、JR湖西線新快速が通るようになってから、
大阪、京都からのアクセスがしやすくなったこともあり、「滋賀府民が増えた」と言われています。

滋賀府民の特徴はですね。
経済事情もあると思いますが、一般的に地元愛、家族愛が強いということがあげられるのではないでしょうか。
例えば、滋賀県の大津在住だった場合。
JR大阪駅から大津駅まで新快速で40分、片道運賃970円です。
自宅から駅まで、最寄り駅からの乗り継ぎなどを考慮しますと、滋賀県から大阪中心部への通勤は約90分。
片道運賃は定期券を購入したとしても1000円ほどになると思います。

大阪、京都の街へと働きに出たいが、家族や地元も大切にしたい、
そんな思いが、早起きや遅い帰宅を乗り越える原動力になっているのでしょうね。
ですので、もし、滋賀府民が勤め先や通学先の大阪、京都で異性と深い仲になった場合、
初期の段階での優先順位は、家族、地元となるケースが多いと思います。

ですので、滋賀府民、特に既婚者と恋愛する場合は、自分の優先順位はどのくらいなのか?
こちらをを常に意識しておいたほうがよいかも知れません。
自分の優先順位が低いにもかかわらず….
「ずっと一緒にいたい」
「今すぐに声を聞きたい」
「LINEの返事がすぐに欲しい」
などの無理な要求をしてしまうと、「図々しい人」「厄介な人」という烙印を押されかねませんから。

このように自分より優先順位の高い存在がある場合は、こちらが身を引くのが賢明でしょう。
身を引くと言っても諦めるわけではありません。
ある程度、相手の都合に合わせながら、自分の優先順位を上げていくという言い方が正しいのかも知れません。

相手にとって「都合の良い」人物を演出するためには、
自分の感情のコントロールが必要なことは言うまでもありませんよね。
「すぐに会いたい!」など「好き」という感情をセーブし、あくまで冷静に立ち振る舞わなければいけません。

とは言っても、異性に対し気持ちをセーブしているつもりだけど?
知らず知らずのうちに空気の読めない行動をしている方も結構いらっしゃいます。
心が離れていってしまっているかも?
冷静になろうとしてもどうしても冷静になれない、
こんな印象を感じたら、弊社のような第3者の恋愛専門家に相談されることが賢明だと思いますよ。

■ 滋賀県での別れさせ作業
関西の中でも滋賀県は「依頼が少ない地域」として挙げられます。
ご依頼がゼロではありませんが….少ないです。
なので、大阪・京都・神戸と比較して作業内容には差が生じます。
ご依頼が多いエリアですと、朝にA現場・昼にB現場・夕にC現場と段取りよく作業可能です。
これにより1作業単価を下げて対応できる可能性があるのです。
しかし、滋賀県では依頼数が多くありませんので、関西の中では珍しく「定価」作業が多くなります。
では、なぜ依頼件数が少ないのか?
地域性、意識面よりも単純に「人口」だと思います。
141万人(全国28位)は大阪府の886万人、兵庫県558万人と比べると圧倒的に少ないですよね。
同時に、平均年収・企業数など。
昼間の瞬間人口が大きく増えませんので、他地域の方との出会いも少ないと言えます。
この辺りが「不倫・浮気」になっても、別れさせ屋を使ってまでは…となり難いのではないでしょうか。

この記事をシェアする