1月スタートの不倫関係に多いのは…

 別れさせ・復縁事例

帰省して始まった不倫関係
1月に始まる不倫関係に多いのは….
年末年始に帰省してからスタートする「元恋人」との不倫が目立ちます。
元々は付き合っていた2人ですからね。
会うという行動をしてしまうと、親密に関係になるのは当日・2回目のデートなので早いのが特徴です。
そして、片方が未婚であった場合。
離婚を前提に「付き合いましょう」となって気持ちから入り込んだ恋愛関係を作ってしまいます。
ただ片方が既婚・両方既婚のW不倫であれば元恋人とは言っても、離婚まで進んで付き合おうとなるケースは少ないようですね。
でもお互いが「家族との境界線」を知っているので、深入りはしないけど情深い関係には間違いありません。

このような帰省からの不倫で「別れさせ屋」を考える場合。
多いのは本妻・親から浮気相手と別れさせたい。のお問合せとなります。
また、未婚女性(元彼女)との不倫においては、男性から「別れたい」となるケースも多くなりますよ。
こちらの依頼原因としては「妻にバレたくない」です。
離婚して一緒になろう…と燃え上がった不倫ですが、自宅に戻って現実世界に入ると家族が大切と理解します。
でも彼女には言えないのでズルズルと曖昧な態度で接してしまう。
これが彼女にとっては「振り回された」となるので、怒りを増幅させてしまうのが原因です。

● 遠距離不倫は調査が難易度MAX
距離が離れた不倫関係を調べるのは非常に困難です。
難易度MAXだと思いますよ。
理由は、会う頻度が少ないので調査日を決めにくいのが1点。
車や電車で移動したら、尾行時間が長いので発覚・警戒の可能性が上がってしまいます。
また「大都会→都会→街→町→村」によっては、村になれば人や車が少ないので追跡は目立ちますよね。

<説明(駅名)>
都会=梅田・心斎橋・三宮
街 =堺・姫路・京都・奈良・西宮
町 =河内松原・藤井寺・芦屋・明石・和田山・御坊
村 =千早赤阪・水間観音

● 町や村での不倫行動
ホテルが少ない地域では「車」にて愛を確かめるケースが増えてきます。
海岸線

道の駅、ドライブイン、など
車で待ち合わせして、どちらの車に乗って抱き合っている不倫を何度も確認しました。
それらの不倫関係では会う今度を増やして1回のデート予算を下げています。
なので、食事にも行かず…車で一緒に時間を過ごすのではないでしょうか。
探偵的に言うと「車で待ち合わせて、相手の車に乗った!」を撮影しても浮気とは言えませんよね。
何か男女関係を確定させるだけの行動がないと決定的な証拠とは言えません。
逆に言うと、調べられる側としては「行為」を撮影されない限りは浮気したのか!に対して逃げられるのです。

● 同窓会から始まる不倫も多い
35歳~45歳の不倫では「同窓会」から深まった不倫も増えてきます。
こちらのケースも進展速度が早いですよ。
1回目・2回目のデートでは不貞行為へと進む可能性はとても高いと言えます。
また単発的な不倫ではなく、1年2年と長期化するので「同級生とできてる?」と警戒した際はスピーディーな対応が望まれます。

1月スタートの不倫関係に多いのは...

この記事をシェアする