連休の思い出作りは“For you(あなたのために) ”が必要です

 勝てる恋愛テク

foryouで相手に接すること
2019年のゴールデンウィーク(GW)は10連休の方もいらっしゃっるようですね。
テレビのニュースでは海外でGWを過ごされる方も多いようです。
混雑が予想される日本の観光地へ出掛けることを考えれば、GWの影響をあまり受けない海外で過ごすのは、懸命な選択かも知れません。
倦怠期や浮気予防として、異国にて景色や文化へと触れることで驚きと感動をともに共有する。
これは、2人だけの深い思い出作りになると思いますよ。

さて。
みなさまは異性との「幸せな思い出」と聞くと、どんな光景が思い浮かぶでしょうか。
きれいな景色を一緒に見た時、
洒落たレストランでの夕食のひととき、
記念日、
クリスマスなどの特別な日の豪華な食卓だと思います。
共通するのは “絵になるような場所” で楽しく語り合っている時ですよね。

こういう話を聞くと「豪華な海外旅行」と考える方も居られるかと思います。
ですが、「幸せな思い出」作りに必要なもの。
それはお金や豪華さよりも「演出力」だと思います。

例えばですね。
・前から行きたがっていたレストランを予約する
・美味しいコース料理を食べながら感謝の思いを書いた手紙を渡す
・サプライズで夜景や海へと連れて行く
・買い物に付き合い、お似合いの洋服を一緒に選ぶ
・公園でバトミントン

ポイントはですね。
“For me(自分のため) ”、ではないですよ。
“For you(あなたのため)” です。
聞くと当たり前ですが、相手の立場になり、何が喜んでくれるのか?
こちらを考えることではないでしょうか。

海外旅行に行けば、ホテルや食事も豪華だし、有名な観光スポットも楽しめる。
妻や子供など家族がみんな喜んでくれるに決まっている。
そんな思い込みをしている方…
ひょっとしたら奥様やお子様の本音は違うかも知れませんよ。

・海外は言葉も通じない
・準備も大変
・外国より家でゆっくりしたい
。日ごろ会えない友達に会いたい

こんな感じで思っている知れません。
自分がしたいこと、ではなく、お相手が本当にして欲しいこと、を考える。
善意の押し売りではありませんが、心のすれ違いで、絆を深めるどころか関係が悪化するという事態にも成りかねなません。

せっかくの10連休で、恋人や配偶者と過ごす時間も普段よりはある(もしくはあった)と思います。
お相手への理解を深め、
恋人の「幸せな思い出」作りへの情報や準備を進めておくための良い時間ではないでしょうか。
そのためには、普段の何気ない会話の中で“幸せのヒント”を探し当てる必要があるのではないでしょうか。

【補足】
復縁希望の方にお聞きした「恋愛意識」において、誤解している方が多いことがあります。
それは「愛されたい」を正当化していること。
勿論、人から大切にされたいと思うのは至極当たり前のことだと思います。
ですが、もっと大切なのは「愛したい」と思って接しているのか?ですよ。
よって上記のタイプでは、相手が心を開いてくれない…と仰られるケースが目立ちます。
原因は簡単なんですよ。
自分が心を閉ざしているので、恋人も心をオープンにせず言いたいことを隠して恋愛していた。
それが我慢・妥協のレベルで続けばよいのですが、実際には続きませんからね。
恋人の愚痴を上司部下・元恋人・友人らに相談してくと、必然的に相談→恋愛へと発展するのです。
「相談する」って心を開いた関係じゃないですか。
私たちのような別れさせ屋でも、対象者の気持ちを誘導する際に「相談させる」を目標として人間関係を作ります。
それだけ感情コントロールには本音を言わせることって重要なのです。
愛されたい。と自分よりに意識するのではなく、愛したいと考えて恋人と接してみてください。
そのちょっとした違いが恋人には「大きな変化」として受け取り方が変わりますよ。