美人ほど恋人が離れて行ってしまう理由

 別れさせ・復縁事例

寄ってくる男性は多いが、みんな結局離れて行ってしまう。

女優の石原さとみさん似、30代女性の悩みです。
「いいな」と思う男性との新たな出会いがあっても「この人も離れて行くんだろうな」と思ってしまう。
相手を心から信用できず、恋愛にのめり込めないと言います。

男性が離れて行ってしまう、離れてしまった彼の心を取り戻したい。
これらの相談は美人の相談者様に限って多いのです。
恐らくは、追い掛けられる一方で、追い掛ける、厳密に言えば、追い掛けさせる術を知らない。
こちらが原因となっているケースが多いですね。

美人の方は、第一印象で相手から好きになってくれる恋愛が多いですよね。
そのまま告白され、付き合う展開になったとします。
必ず倦怠期やマンネリの時期が訪れ、男性は外に刺激を求めて行きます。
そうした相手の気持ちが外に向いている時に、もう1度こちら側に気持ちを向ける術を知らないと…
そのまま心は離れて行ってしまうのではないでしょうか。

男性が追い掛けるばかりで、女性が追い掛けてくれなければ?
男性は「自分のことを思っていないのではないか」と疑心暗鬼に陥ってしまうことも想定されます。

去る者追わず、去って行くのをじっと見ていて追い掛けようとしない。
「裏切られた」
「また捨てられた」
「傷つけられた」
こな感じで被害者のように嘆き、落ち込むというパターンが見受けられます。

「男性が悪い」と言ってしまえば、それまです。
ですが、自分の行動を改めないと、失敗のサイクルからは抜け出せないですよね。

「離れて行ってしまった」→「仕方ないな、じゃあ、次」の切り換えも大事ですよ。
そにこ加えて、「この人だけは逃したくない。何とか心を繋ぎ止めておきたい」。
こうやって追い掛ける意識もある程度は必要でしょう。

追い掛ける恋愛を考える時、自分が相手を選ぶ、強く求める、という能動的な発想が求められます。
具体的な行動例はですね。

・自分から好意を示す
・定期的に連絡できる、会える環境を作る
・積極的にフォローする、尽くす

これらが効果的でしょう。
追い掛けられるのを待つだけではなく、相手の心を囲い込む、相手の行動を読んで先回りして待つ。
この選択肢があっても良いのではないでしょうか。

この記事をシェアする