神戸・三宮で、クリスマスプレゼントを求める男性を見て思うこと

 勝てる恋愛テク

「彼女と初めてのクリスマスですが…」
「どんなプレゼントがいいですか?」

12月24日が近づくと、このような質問をいただくことがあります。
私達が思うのはですね。
プレゼントに関する悩みの“模範解答”はなく、結果的には自分なりの“答え”を見つけるのがベストです。

交際期間で考えた場合。

1年未満:印象的な要素として、思い出に残る形(ペアリングなど)
3年未満:現実的な要素として、好みや日頃から「欲しい」と言っているもの
5年以上:相互的な要素として、2人で相談して決める

このような流れが多くなります。
ですが、人生初の恋人となれば…、デートはもちろん、プレゼント選びも手探りの状態でしょう。

以前にあったクリスマスの話を掲載しておきますね。
大阪在住の20代前半の男性、20代後半の彼女へのプレゼント選びに、神戸・三宮まで足を運んだそうです。
ヘアメイクアップアーティストをしているモデルのマギーさん似の彼女。
アンティーク雑貨、
ゴールドアクセサリー、
ディズニーが好きだそうで、彼女が喜びそうなものがないかと、神戸・三宮付近を1日掛けて探しました。

● 神戸・三宮エリア
神戸三宮センター街の老舗アンティーク家具・雑貨店。
海岸通、栄町通には、ナチュラル、ハンドメイド、北欧・東欧産、神戸発などの個性的な雑貨店が軒を連ねる。
北野坂付近は、高級感ある精巧な作りのアンティーク雑貨の数々が目に飛び込んできます。

「彼女は1人暮らしだから食器は数がいらないだろうしなぁ」
「家具はワンルームだから邪魔になるだろう」
「アクセサリーケースや写真立ては気に入って使ってくれるだろうか」

そんな風に彼女のことを考えながらお店を回ったことでしょう。
神戸北野の婚約指輪を扱うセレクトショップにて、
彼女の大好きなミッキーのデザインの指輪やネックレス、ブレスレットを見つけたそうですが、
どれも値段が5万円以上と高価。
新入社員だった彼には厳しく購入を断念しましたる
結局、同じくディズニーを扱うアクセサリーブランド「4℃」にて、
ミッキーマウスのブレスレットを購入し、クリスマスディナーの席でプレゼントしたそうです。

彼女は、「わぁ、嬉しい!」とスグに身に付けてくれ、彼も彼女の笑顔を見て幸せな気分になったといいます。
ですが…
その後に待ち受けていたのは、半年後に彼女との音信不通・1年後に別の年上男性と結婚というものでした。
彼にとって幸せな、夢のようなひと時だった彼女とのクリスマス。
それは「最高の思い出」となり、人生でこれ以上何も望むことはない、まさに幸せの絶頂と言ってもよかった。
これからも、そんな日々が続けばいいのに、と思っていた矢先の悲劇でした。

彼女は何故、別の男性と結婚してしまったのか?

彼が初めて恋人同士で過ごすクリスマスの幸せを感じている時。
彼女は「楽しい」と感じつつも…
20代後半という自分の年齢を考えると現実的な問題を考えていました。

「そろそろ結婚を考えないと」
「いつまでも恋愛を楽しんでいる場合ではない」

このように焦っていたことでしょう。
ですが、恋愛経験に乏しい彼には、彼女のそんな心境に気付く術はありません。
経験不足から、交際1年目で結婚という考えすらなかったと思います。

結果的に失恋してしまったわけですが、この時の彼の判断や行動は間違っていたのか?
「彼女の喜ぶ顔が見たい」という思いを胸に抱き、寒空の下、神戸・三宮を朝から晩まで歩き回った時間。
結果的に彼女と気持ちがすれ違ってしまったとしてもですね。
この時間って掛け替えのないもの、と言えるのではないでしょうか。
ただ少し幼かっただけなのです。

今日も神戸・三宮の街は、クリスマスプレゼントを求める人でごった返しています。
冬のボーナスが出て、クリスマスは奮発するのでしょう。
女性向けのジュエリーショップで指輪やネックレスを吟味する男性の姿も目立ちます。
「恋人を喜ばせたい」
「クリスマスを二人の思い出にしたい」
そんな風に訴えかける純粋な眼差しを見ていますと、幸せな日々が続くことを願って止みません。

12月24日、25日は、世界の至るところで、恋人たちの笑顔の花が咲くことでしょう。
全てのカップル、恋する人に今後もずっと幸せが訪れることを願います。
「Avery Happy Christmas to you!」

この記事をシェアする