相手の心に隙を作り、「好き」の暗示を掛ける

 勝てる恋愛テク地域別

大阪府では5月下旬に新型コロナの「緊急事態宣言」区域から解除されました。
6月下旬現在。
ミナミの街並みを眺めていますと…
街は買物客やデートを楽しむカップルが増え活気を取り戻しつつあると感じます。

そんなミナミで待合わせの定番スポットとは?

・高島屋大阪店前(難波)
・OPA(心斎橋)
・ひっかけ橋(戎橋・道頓堀)
・大丸( 心斎橋駅5番出口)

この辺りを利用されていると思います。
そんな待合わせ場所で、相手を待つ人々を観察してみるとですね。
相手から見つけやすいよう目印の建物の正面に立つ人。
建物から少し離れ、柱の影から隠れるように相手の姿を確認する人、
スマホを覗き込む人、
音楽を聴いている人、
じっと人混みに目を凝らしている人など色々なパターンがあります。

デート人と面会する際。
ファーストコンタクトの仕方で、その後の展開が大きく変わる場合がありますよね。
例えば、目立つ場所に立ってスマホを操作しながら相手を待つ人。
こちらは相手から話し掛けられるのを待っている状態です。
いつ、どんなタイミングで、どんな言葉を掛けて来るのかわからず待っています。
なので油断している、隙ができている状態と言えるのかも知れません。
恐らく、背後から「よっ!」と声を掛ければ、「ビックリした!」となる筈です。

では、なぜ隙ができてはいけないのか?
人は、心に隙ができた時、意識から無意識へと一瞬変化します。
カップルの待ち合わせで、彼氏が先に到着して彼女が遅れて現れたとしましょう。

スマホを操作する彼氏の背後から「よっ!」と彼女が近付いて、彼氏はハッとなります。
そのタイミングで、彼女が「何してたの?」と聞くと?
彼氏は「LINEしていた」と、状況をそのまま答えてしまう可能性が高くなるのです。
もし、仮に彼氏が浮気相手とLINEしてたら…
事前に彼女の姿を確認していれば「デートの行き先調べていた」と意識的な嘘の返答ができます。
無警戒な状態ですと…
無意識な返答になって、本当のことを言ってしまうのです。

その他、待ち合わせ以外だと。

・壁ドン
・エレベーターでキス
・意図せず異性の体の1部が触れてしまう
・突然、手を握られる
・サプライズ的なプレゼントや振る舞い

これらは相手の心を一瞬混乱させて、意識から無意識に誘導することが可能です。
「好きかも知れない」
無意識の行動では、こんな暗示にかかりやすくする特徴があります。
人から本音を引き出し、暗示の力で心を惹き付けることを踏まえるとですね。
待合わせ(ファーストコンタクト)から勝負は始まっているのです。