恋と愛を手に入れるには、最初に何が必要なのか?

 勝てる恋愛テク

漫画「北斗の拳」に登場する「聖帝サウザー」をご存知でしょうか。
ストーリーはケンシロウ(主人公)が核戦争後、暴力で支配する強敵との戦いを繰り広げる物語です。
サウザーとは、権力で人を従わせ抵抗できない子供たちを使役させる独裁者。
ケンシロウとの最終決戦で愛する師を失った際にですね。

「こんなに苦しいのならば、愛などいらぬ!」

愛を棄て残虐な性格になっていたことに気が付きます。
誰でも一度は恋愛から苦しみや悲しみを感じたことあるのではないでしょうか。

・恋=自分本意の気持ち
・愛=相手本意の気持ち

愛を信じられないというのは、愛を誤解しているか本当の意味を知らない可能性があります。
幼少時代に「両親の愛を知らずに育った」とはよく言われますね。
ですが、両親の愛に気付けていないケースも含まれます。
「両親の欲求を満たすために子を利用している」という認識から来ているケースが多いです。

● 愛について失望する例
【男性が女性を失望させる】
男性は女性の身体に惹かれ、中身を見ていません。
女性の気を引くために愛しているフリをするが、欲望が満たされば距離を置きます。

【女性が男性を失望させる】
女性は着飾って可愛く見えるようにし男を惹きつける。
男性に近付く目的は利益や奉仕であり「使えない」となれば去る。

この失望パターンが多いのではないでしょうか。
“駆け引き”と言うのかも知れませんね。
恋愛ではWIN-WINの関係ができていない時点で短期的なWIN(勝ち)-LOSE(負け)の関係で終わると言えます。
そもそも….人間関係を勝ち負けでとらえている時点で愛を語れませんよね。
では、あなたが無償の愛を知らない人であれば、どのようにして愛を感じればいいのか?

例えば、道で人と出会おうとしているとしましょう。
その人は少しの間、あなたと同じ道を行く同伴者になるでしょう。
そんな時にどうする?

① 敵だと思って身構える
② お金・時間などの資産を奪おうとする
③ 自分の欲求(寂しさや性欲)を満たすために利用する
④ 相手の支えになろうと尽力する

どの選択肢をしますか。
選択は人それぞれで、愛のない人もいます。
WIN(自分)-LOSE(他人)の選択をし続ける。
愛と向き合うことを放棄したのであれば愛を感じる機会がなくなっています。
人との出会いも台無しにしてしまう恐れがあるでしょう。
与えられる愛が欲しければ、最初に自分の愛を人に与えるというWIN-WINの発想が大事と思います。
そういった思いやりの発想がなければ、せっかく学んだ恋愛テクニックも台無しなのです。

【補足の話】
別れさせ屋で手に入れた恋愛は幸せなのか?の考え方。
世間一般論で言うと、「別れさせを使ってまで手に入れたいの?」です。
なのでお金を使って工作作業を用いてまで….
この結果にて得た恋愛を評価しない方が多いのも現実だと思います。
我々の仕事、存在と言うのは100人中100人に求められるものではありません。
1000人中1人、10000人中1人かも知れません。
ですが、確実に「必要」と思われる方が居られるので、その力添えとして存在しているのです。
そんな別れさせ作業の経営側としての意見。
依頼により得た恋愛は幸せなのか?は当然に「理想の恋愛」であります。
ただ、問題はその恋愛を安定させ維持継続するには、依頼者である求めた側の資質が必要です。
話を戻すと恋愛に悩み・苦しんで解決策を模索した。
色々と検討した結果でインターネットで「別れさせ屋」と検索。
この根元にある部分が本来は解決するべは問題と私たちは考えています。
依頼の成功=理想の恋愛ではなく、ネット検索して辿り着いた原因の部分ですね。

・嫉妬
・束縛
・コミュニケーション力の不足
・自己主張が苦手
・心を開かない(開けない)
・相手に合わせる接し方
・喜怒哀楽の落差が大きい
・魅力が中途半端
・怒りを溜めて出すので暴言になりがち
・プライドが高い
・嫌味
・押し付けがましい会話や態度、など

何か原因がありますから、これらを解決しない限りは「理想の恋愛」にはなりません。
空想の恋愛で終わると思いますよ。
やはり大切なのは根本的な原因ですし、その一つにある「Win」の提供ではないでしょうか。

この記事をシェアする