夫の浮気現場に遭遇したらどうしますか?

 勝てる恋愛テク

夫の浮気現場に遭遇したらどうしますか?
夫が女性と歩いてる姿を目撃したら….どうしますか?

① 近くに行って話し掛ける
② 近くに行って視界に入ってみるけど話掛けない
③ そっと様子を伺う
④ 見てないフリをして立ち去る
⑤ 友人を呼ぶ
⑥ 携帯で撮影しておく
⑦ 尾行する
⑧ どうしたらいいかわからない
⑨ 泣く・焦る
⑩ 殴りに行ってしまう

色々な対応が考えられますよね。
先ず、重要なのは浮気なのか?、仕事なのか?、用事なのか?を静観することです。
誤解や思い込みはいけませんよね。
「これは不倫やんか」と思えるのは距離感・仕草から見て取れると思います。
腕を組む
手を繋ぐ
ハグ
キス
これらの行動があれば、70%~80%は不倫として考えても良いでしょう。
次にホテルに入ったら….
不貞行為のある関係として状況的には見て取れますので95%は不倫として考えても良いと思います。

なので、何もわからない仕事?、打合せ?、相談を聞いてる?かもしれない歩いてる状態の場合。
③の静観する方が白黒を確定させる状況・証拠が得られます。
逆に言うと手も繋いでおらず、喫茶店でお茶をしていた場所に妻が乗り込んでも…
「どうしたの?」
「ちょっと話してるんだけど」
このように開き直ることができますので、不貞行為の証拠にもならず、決定的な証拠とも言えません。
そして次から密会する際はもっと厳重に警戒した行動となるので、不貞行為の証拠をえるのが難しくなってしまうのです。

”見てないフリして油断させる”

これが証拠収集には大切だと思いますよ。
ただ現場を見てしまったら…多くの方は「怒り」が勝るので突発的な行動をしてしまい、
この行動に対して愛人(夫の浮気相手)は嫉妬を覚えるので、愛人の中で不倫を正当化させる意識へと変化します。
恋愛感情で続いていた不倫関係が「嫉妬」により負けたくない恋愛へと変わる原因です。
嫉妬からくる恋愛って中々諦めることができませんので、2年~10年と超過する傾向がありますよ。
なので、妻が夫の不倫現場に遭遇したら接し方によっては愛人は冷める・諦める、または嫉妬すると差が出ます。
民法上は妻が有利とは言え理性できない行動には要注意。

この記事をシェアする