事故物件・心理瑕疵のある物件とオーナー

 探偵・不動産調査

事故物件・心理瑕疵のある物件とオーナー
家を借りる、家を買おうとする場合。
地域の問題や立地など。
多くのチェック項目があると思いますが、その1つに「心理瑕疵」と言うものがありますよね。
科学で説明できない…
心霊現象、またはその物件で過去に「事故」となる孤独死・自殺などが発生しているなど。
これらは説明する義務がありますが、一定の事柄をクリアすると説明義務から外れることもあります。
なので、住みだしてから「その部屋は過去にね…」と聞けば決して気持ちのよい家とは言えません。

これを不動産業者では一定のルールがカチッと決まっておらず、説明する範囲に関しては曖昧とも言えるのが現状。

住む側としては、「そんな家には住みたくない」が答えです。
ですが家賃・売値が30%~50%も安くなるとなれば検討される方も居られます。
事故の内容により、その対応範囲は違うので事故物件=半額ではありませんよ。
これを売主側・持ち主・家主の立場になって考えた場合。
持っているマンション1棟の1室で事故があって、人気低迷・誰も入居しないとなれば?
投資した建築代(数億円)は大きな損失となってしまいます。
どの街にも事件・事故のあるマンション・戸建ては存在しますが、自殺などにより価格降下すると…
遺産相続人へと事故により価格が下がった分の「損害賠償」を求められる可能性もあります。
命を大切するのは勿論ですが、社会は共同生活であることを理解して事故を防がないといけませんね。

この記事をシェアする