バーナム効果で恋愛成就を成功させる方法

 勝てる恋愛テク

バーナム効果で恋愛成就を成功させる方法
「バーナム効果」を聞いたことありますか?
無いですよね。
この言葉は心理によく出てくるのですが、”誰にでも当てはまる要点がある”との言葉です。
19世紀のアメリカ人(フィラニアス・テイラー・バーナム氏)から来てます。

この知識は、人とのコミュニケーションで「聞く耳を持たせる」に用いることが多いですよ。
人は誰でも悩みの1つや2つはありますよね。
そこを「アナタは心の奥に何か引っ掛かりがありそうです」と言われたら…
ドキッとして心を読まれたような印象を持つと思います。
この感覚がバーナム効果なので、理解して使うと応用できるシーンは多いと思いますよ。

科学的には立証されてないのですが、統計的にはデータがあるのは「血液型」による性格。

A型:几帳面で神経質、警戒心が強い
AB型:頑固で考えを曲げにくい、損得で付合いをしがち
B型:直感的で行動が早い、経営者に多い
O型:隠れた自信を持っている、怒ることは少ない

このように4パターンを知っておくだけでも、血液型からバーナム効果を応用することができます。
B型男性の興味を引こうとした場合。

・あなたは思いついたら直ぐに行動しがちですよね。
・だけど、その行動により失敗した。後悔した経験も多い筈です。
・過去や今の人間関係や気がかりなことがあるのでは?
・そんな悩みが無くなるとアナタはきっと大活躍できる人でしょう。

こう切り出すと性格的な行動、誰しも一度は失敗してる経験、1つは持っている不安。
そして期待したい将来への思いから「話を聞いてみよう」となります。
これは占い的な切り出しですが、恋愛にも同じですからね。
他人から知人になるステップとして「話をする」って重要じゃないですか。
見た目の清潔感、怖いなどをクリアしたら次は会話による関心・興味の有無なんです。
その時点で人は相手とどうゃって接していけばよいのか?を判断してますよ。

● 誰にでも当てはまる要点とは?
① 理想
② 将来
③ 親切
④ 過去の悲しい出来事、寂しい経験
⑤ 誰にも言ってない秘密
⑥ 自分は人より優れた一面を持っている
⑦ 他人は私より劣っている

身体的なネガとしてコンプレックスを持っていると「④⑤」となります。
逆に学歴・年収や趣味などの自信がある部分は「①⑥」です。
この辺りを理解していくと相手の誘導が成功する可能性はグーンと上がりますからね。
是非、バーナム効果を意識して会話を組み立てては如何でしょうか。

【補足】
”聞き上手”を間違ってはいけません。
聞くのが上手と言うのは、話を聞くのが上手い!ではないのです。
それだと愚痴を聞くだけで「ウンウン」と相槌の役割ですから、決して感情移入する関係とはなりません。
聞くというのは「聞き込み」として話させるのが上手い。となります。
相手にどんどん話させる。
警戒や遠慮があると本音って話ませんよね。
それを少しずつ会話を増やして愚痴・不安・本音を引き出すのが「聞き上手」なのです。