スイーツ好きには堪らない!神戸本店には魅力がいっぱい

 地域別

スイーツ好きな方にとって、デパ地下って居心地が良いですよね。
1月下旬になると、2月14日のバレンタインに向けた商戦が始まっています。
商品棚には、チョコレートやオリジナルのスイーツ、
クリスマスと並んで店頭が甘く華やかになる時期ではないでしょうか。

スイーツ好きな方であれば、商品チェックに立寄るお店もあるでしょう。
冬の寒い時期だからこそ。
温かいコーヒーや紅茶のカフェタイムには、自分への褒美や恋人との贅沢な時間を味わうため、
お気に入りや季節限定スイーツがあれば嬉しく感じます。

そんな時は、デパ地下やスイーツブランドのカフェもよいですが…
”1ランク上の贅沢”
こちらを目指して「本店」へ足を運んでみることを推薦します。
関西だとスイーツブランドの本店が集中する場所といえば、「神戸」です。

・スティック型のクッキーやパイで定評ある「ケーニヒスクローネ」
・プリンやチーズケーキが人気の「モロゾフ」
・ショートケーキが載った背の高いパフェが特徴の「ミオール」
・誰でも1度は口にしたことがあるゴーフル「神戸風月堂」
・1杯のコーヒーがファンの心を掴んで離さない「神戸にしむら珈琲店」

などの本店が軒を連ねます。
神戸は、洋菓子やスイーツの激戦区であり、スイーツブランドの本店も集中しています。
デパ地下などの「販売店」に比べ、
味だけでなく、空間や体験でファンの心を掴むことができるのかも問われますからね。

洋館風のカフェを展開したり、店内にチョコレートの滝を流して注目を集めたり、
本店特別メニューを用意したり、会
社や商品の歴史や成り立ちを学べるライブラリーを用意したりするなど。
販売店に比べ、品揃えやメニューの豊富さは勿論ですが、
「インスタ映え」のエンタータイメント性でも1ランク上の造りになっています。

バレンタインにスイーツをプレゼントするのもよいですけど。
付合いの長いカップルの方々には!
お気に入りのスイーツブランドの「本店」でスイーツに囲まれながら過ごす。
こんなデートプランを作られては如何でしょうか。

● 補足
神戸に行かれる際は、「神戸スイーツマップ」をご利用ください。
三宮・元町のスイーツ店が一目でわかる地図を神戸市から発行されています。
HPからもダウンロードできますよ。

この記事をシェアする