「好きになる」より、「好かれたい」意識が視野を広げます

 勝てる恋愛テク別れさせ・復縁事例

■ 予期せぬ買物-”衝動買い”
通りすがりに洋服、カバン、アクセサリー、小物、車など。
「高いな~」と思いつつ…
後日、再び店を訪れて「購入した」経験ってございませんか?

そうやって購入したものを愛用していれば、当初より気に入ってしまった。
メンテにもお金を掛けて、きれいな状態で維持したいと思うこともあります。

「商品購入→メンテナンス」して愛用するの流れはですね。
恋愛でも共通してみられますよ。

① 初めて会った
② また会いたい
③ 再会
④ ずっと一緒に居たい

このように置き換えられます。
冒頭の商品購入、その維持にお金や労力を惜しまないケースと同様です。
恋愛でも、異性に対して…
「また会いたい」
「一緒にいたい」
この思いが募れば、お金や労力、時間を惜しまない点は共通しています。

物や人でも「ホレる」ほどの価値を感じた時。
提供できる資源(お金・労力・時間)を出しても「ホレた」らに置きたくなるのです。

逆に「ホレる」ほどの価値を感じていない場合。
それ相応の価値に見合った対価しか払いたくないですよね。

「また会いたい」
「一緒にいたい」
「自分に尽くして欲しい」

これらを相手に求めたら、自分は相手にどんな対価を差し出せるのか?
お金、
労力、
時間、
技術、
快楽、
エンターテイメント性、
癒し、
人間的な魅力…etc

人間関係における利害のパワーバランスを考えるとですね。
最も価値を認めるのは「ホレた人」ではないでしょうか。

人が持つ資源の1つにある「お金」で考えた場合。
日常って収入・貯蓄の範囲内の出費で生活していると思います。
ですが、欲しい車・ブランド品・家など。
「ホレる」に値するモノに出会ってしまったら?
収入や貯蓄の範囲を超えるローンという形で、購入に踏み切ることが多いです。

人においても同様だと思いますよ。
身内以外、恋人以外の人から貯蓄の範囲を超える「お金を貸して」と相談された場合。
「そんなお金はない」と断りますよね。
ですが「ホレた」相手となれば…
理由によっては借金してでも工面しようとするのです。

異性はもちろん、同性もそうです。
相手の持つ資源を最大限に引き出したいと思う時。
効果的な方法が「ホレられる」魅力を備えて、魅力を提供することです。

恋愛で失敗している、相手から得たいモノを得られていないケースで多いこと。
それは、下手な駆け引きをしたことで、
少しの利益を得る代わり、自分の人間的魅力の評価を下げてしまっているのです。
「ホレられる」
こちらを意識すると、願わずとも大きな利益が転がり込んでくることがあります。

先ずは、相手から見た「自分の価値」を上げていく取り組みを考えてみませんか?

この記事をシェアする