「京都」と聞いてどんなイメージが沸きますか?

 地域別

京都観光・金閣寺
「京都」というワードが出たら、みなさまならどう反応するでしょうか?
一般的には歴史・お寺とイメージするのではないでしょうか。

・歴史を感じられる町ですね!
・お寺や庭園
・金閣寺
・清水寺

こんな感じでを答えるのではないでしょうか。
関西在住であれば、清水寺や八坂神社、嵐山や大原などに1度は行ったことがあると思います。
しかし、大阪市内や大阪南部、兵庫県在住の場合。
京都観光には、電車、バス、を乗り継ぎ、さらに徒歩も加わって1時間超。
アクセスが良いとは言い難いので、ほぼ1日がかりの小旅行になるでしょう。

そこで、気軽に京都の目的地まで行けないということを踏まえた上での話です。
「京都が好きである」という共感は、何か遠くの秘密を共有しているような感覚にとらわれるのではないでしょうか。
関西在住であれば、ある程度、京都についての知識がありますよね。
一方が京都にとても詳しくて、もう一方が一般人程度の知識、という場合でも…。
詳しい人=話し手、一般人程度=聞き手、として話を盛り上げることは可能なような気がします。

特にですが、社会経験のある女性であれば、デートや女子会で1度は京都を訪れたことがある思います。
春の桜、
夏の深緑、
秋の紅葉、
冬の雪景色など1年を通じて楽しめる京都についての情報はというのは、
会話を盛り上げたり、恋愛関係を進展させたりするために知っておいて損はない情報だと言えます。

・瑠璃光院
・西芳寺(苔寺)
・大原三千院の庭園
・今宮神社の炭で餅を炙ったあぶり餅
・下鴨神社付近のみたらし団子

などは、女子であれば思わず「行きたい」と目を輝かせるのではないでしょうか。
ゴールデンウィーク(GW)に行った旅行先など旅行の話になれば、
「京都」というキーワードを出すチャンスであり、女子には“テッパン”で盛り上がることのできる話題と思います。

京都に限らず、メジャーではない観光スポットや地元ネタ、ローカル線の電車あるあるなど。
秘密の共有とまでいかずとも、2人だけの世界に入る第1ステップになるような気がします。
会話が盛り上がり、「あそこへ行ってみよう」とデートの約束を取り付ければ、
恋人、夫婦でも恋愛効果アップのチャンスではないでしょうか。

● 京都府・京都市での別れさせ作業
弊社は大阪本社(西区北堀江)であることから、京都からも沢山のお問合せを頂戴しています。
多いのは京都市内ですが、京都府北部での作業事例も多くございます。
現実的なことを言えば、対象者の所在不明・勤務先不明の際に行う「張込みor尾行」は難しいエリアです。
やはり道路復員が狭い場所ですと長時間の張り込みが出来ません。
その為、調査の難易度としては大阪・神戸と比べてとても高いエリアとしています。
ただ、観光客が多い街ですので他地域の方との接点・出会いも多いことから…
「接触」と言う対象者との出会い作りには警戒心が低いです。
よって別れさせ作業では成功しやすい地域となりますので、京都では多くの成功事例を作っています。