「モテる」ことは人生の最優先事項です

 勝てる恋愛テク別れさせ・復縁事例

「モテたい」
「告白されたい」
「人気者になりたい」

こうやって思ったことは人生に1度はあると思います。
中でも、スポーツでは真剣に取り組んでいる人に失礼と思いつつも…
「モテたい」という1点の理由のみで頑張ってしまった経験はありませんか?

例えばですね。
<男性の場合>
・女子に人気があって、女性マネージャーも多いサッカー部に入部した
・海で目立ちたいがためにサーフィンを始める
・弁護士、医師といった「箔」が付く職を目指す
・ホストになってみた

<女性の場合>
・スポーツ部のマネージャーになる
・チアリーディング、ダンスを始める
・キャビンアテンダント、モデル、秘書の職を目指す
・料理、ファッションなどを勉強する

などがあるのではないでしょうか。
もちろん、あからさまに、本来の自分の役割をないがしろにして、「モテたい」思いを前面に出すのは?
嫌われると思いますが、他の人に失礼のないよう節度を守って「モテ」を目指すこと。
これはOKですし、思いを行動に移しているのでモテる要素はあります。

人々が物事に取り組む動機は、さまざまと思います。
「モテたい」からスタートすることがあってもよいのではないでしょうか。
「モテたい」と思って始めた仕事、スポーツ、趣味に触れ合っていくとですね。
その面白さや、やりがい、楽しみに気付くこともあるでしょうから。

そもそも「モテたい」と思うことは恥ずかしかったり、後ろめたかったりすることでしょうか。
決まったお相手(配偶者や恋人)がいる場合は、
相手やその周囲にある程度配慮する必要がありますが、「モテ」を諦めることはないと思います。
浮気や不倫までいかなくても、周囲からチヤホヤされると、自分自身の自信にも繋がります。
恋人や夫婦でもパートナーの心を掴んでおくという意味でも「モテ」の要素は必要でしょう。

しかし「モテる」ということは簡単なことではありません。
・お金
・時間
・教養
・心の余裕
・自己啓発
・リスク

さまざまな労力や自己犠牲を払わなければなりません。
「別れさせ屋」への依頼もそういった労力の1つと言えるでしょう。
ですが、「モテる」ということの価値、意味は人生においても非常に優先すべきことと思います。
特に出産を望む女性は、モテなければならない期間が適齢期としてある程度限られます。
「モテない」ということは?
イコール自分の周りにいる人間を選べないということです。
プライベート、仕事、男女関係に限らず、「モテない」人の周りからは人が離れていきます。
しかし、この人間社会で生きていく限り、人とのかかわりは避けられず、
少なくとも仕事面では“誰か”とかかわりを持たなければなりません。
また、困った時は、“誰か”に助けてもらう必要があるでしょう。

そんな今後想定し得るさまざまな局面で、あなたの近くにいる人は、あなたが望むような人でしょうか?
もし、そうでないような気がするのであれば、
今からでも「モテ」を含め自分の価値を磨いていくことをお薦めします。

■ 別れさせ屋のスタッフ・モテる人は即戦力なのか?
別れさせ屋で働くには「容姿端麗」であることは絶対条件と言えます。
モテない…
ではなく、綺麗になりたい。格好良くなりたい。と思っているかどうか?が重要です。
この美意識が欠落すると不潔になったり、下品になってモテる人としては土台に乗らなくなりますからね。
常日頃から自分磨きをして「どう見られているのか?」を考えてる人。
こんな人は別れさせ屋に限らず、不動産の営業、高級車の販売員など。
どんな仕事をしてもスグに成功すると思います。
逆に言うと自分の現状を変えられない人、美意識が欠落している人って出世しにくいです。
仕事も恋愛も容姿端麗を目指すことは「成功」への近道だと思いますよ。

この記事をシェアする