20代にしか見えない40代“美魔女”の生活・思考習慣を紹介

 勝てる恋愛テク

「自分のオーラや気配はできるだけ消したい」
エステ・脱毛サロンを経営する40代女性が語るには理由があるそうです。

街を歩けば、男性からナンパされ、仕事で関わった男性からのデートの誘いは日常茶飯事。
エステや脱毛の施術中に男性が勃起してしまい、困り果てることもしばしば。
人からは、20代にしか見られたことがなく、40代と言っても納得してもらえないこともあるそうです。

勿論、女性が“美魔女”であるためには、普段の努力が欠かせないわけです。
ですが、それは自分が見た目も心も綺麗で若々しくいること、健康でいること、エネルギッシュ(元気)でいることが、
人を元気にすることにも繋がると信じているから。だそうです。。
「自分と会った後は、人に元気になってもらいたい」とも。

そんな彼女が1番大切にしていることが「食」です。
鉄分を筆頭に美容や健康に関するサプリ、プロテインを飲むこと20種類以上。
モデル並みの体型を維持するため、キックスクワットなど下半身を中心とした筋トレを10種類以上こなしている。

20代や30代のころは、自分や人に対してピリピリしたりイライラしたり、気分が沈み込むこともあったのです。
だけど、体に必要な栄養素を取り始めて、心にゆとりができ、常に明るく、感情が不安定にならなくなった。
対人関係での会話のキャッチボールでも、頭の回転が速くなり、気の利いた、相手の心に響くフレーズが言えるようになったとのこと。

肥満や浮腫みなど、美容悪化の原因になりやすいお菓子や脂身の多い肉類、揚げ物などについては「我慢せず食べたい時に食べる」。
仕事で出会った男性から口説かれるものの、既婚者であり、恋愛の要望には応じられないことをはっきり伝える。
その上で、相手の「人」として面白いところや共感できる部分、元気になるツボを探すことに注力するそうですよ。

美味しい物や人との出会いはですね。
常に前向きに接し「ワクワクドキドキ」できることが、気持ちを若く、頭を柔らかく保つ秘訣だそうです。

● 40代の“美魔女”の理由
・体に必要な栄養を取り入れること
・人や物事との出会いに前向きになる
・常に「ドキドキ、ワクワク」すること
・人を元気にしたいと思いをモチベーションにする

この記事をシェアする