頭痛と悩みが引き起こす恋愛パッシング

 別れさせ・復縁事例

頭痛と悩みが引き起こす恋愛パッシング
人間って悩みの1つ2つは誰もが持っていると思います。
その悩みには「偏頭痛」って方も居られるのではないでしようか。
雨の日
曇りの日
明日は雨かなぁ…なんて日は頭の奥が痛くなるってありますよね。
私もそのタイプです。
コンタクトをしてますので、眼精疲労が影響していると医師から言われたこともありますよ。
他の原因としては肩凝り・自律神経の乱れなど。
人によって原因は異なります。

そんな頭痛ですが、恋愛とも大きく影響があると思いますよ。
頭が痛いとテンションも上がらないし、外出したくない。
そんな時に誘われてもなぁってドタキャンしてしまうタイプも多いですからね。
これは恋愛においてマイナス効果なので改善が必要です。
では、その原因となる部分から考えてみましょう。

① 内的要素
② 外的要素

①は性格・心理的な部分で、自分の心が乱れている可能性です。
家庭環境もそうですね。

②は仕事・友人など、自分外との関係から心が乱れている可能性です。
嫉妬や束縛も同じです。

身体的な原因でない場合。
大きく分けて①②が心を乱す要因ですが、自己解決ってできそうでできません。
なので時間を掛けて徐々に和らげるようにしていきましょう。
心が強い方でも、何かのキッカケで大きく乱すことがありますので安心できませんよ。
6月って梅雨時期により多くの方が「頭が痛いなぁ」とイライラしていますので、
それを理解して接してみましょう。
自分が頭が痛いから…とそれを理解してくれて当たり前!ではありません。
その相手も少なからず頭痛(内的or外的の悩み)を持っている。
バファリンロキソニンで治らない心からの頭痛を理解すれば、彼と喧嘩も減ると思います。

この記事をシェアする