複数交際を容認する美男美女の考え方

 勝てる恋愛テク別れさせ・復縁事例

「自分が想像した男性のイメージと、実際の男性の姿の答え合わせがしたい」
こちらは、フィリピンと日本のハーフ系美女(20代前半)の意見ですが、
パパ活アプリや出会い系アプリで複数の男性と関係を持ち続ける理由だそうです。

「出会った男性について知りたいだけで、恋愛感情や性的欲求は一切ない」とも。
パパ活で知り合った“パパ”が経営するシティホテルで働き、中堅社員並みの月収がある。
だけど、パパ活と出会い系で新たに知り合う男性は週に4~5人以上。
常時、2~3人の彼氏、2~3人のパパを抱え、忙しい日々を送っているそう…
現在の生活を変えるつもりはないのだとか。

そんな中、女性が出会い系で知り合ったのが、モデル系のイケメン(20代半ば)。
ルックスも去ることながら、デートのエスコート力、トークセンスも高いそうです。
女性は、彼にゾッコン。
なので、尽くしたがる女性も多いのでは?と思いますが、デートの支払いは全て彼持ちだそう。

ある日、女性が女友達にこのモデル系イケメンの話をしたところ。
「えっ、それって私の彼のことじゃない?」となりました。
複数交際が発覚していくわけですが…
男性はガツガツと性的関係を求めるわけではなく、常に紳士的でデートプランも練り込まれています。
そのデート代も全て済ませてくれる。

女性と彼がネット上で出会いを求める大きな動機は、恋愛でも性でもお金でもない。
人(異性)への強い興味ということでしょうか。
こういった「人間観察」目当てと思われる人々はですね。
恋愛感情や目先の金銭に心を揺さぶられず、冷静に目の前の異性を観察しています。
そうやって交際スキルや交際パターンを自分のものにしていくのでしょう。

・出会い系に友人同士で参加している女子2人にアプローチした
・浮気デートを交際相手に目撃されてしまった
・「パパ活」をしている
・性風俗で働いている、交際相手が複数いると公言された

などの事例があれば、その異性から身を引こうと思うかも知れませんが…
そういった複数交際を容認し合える恋愛も出来上がりつつあるということでしょう。
恋愛感情がないと、人によっては「浮気」の認識には該当しないと思います。
いずれにしても、従来の一途な恋愛に加え、多様な恋愛に対する価値観を受け入れる準備が必要です。