花火のような一瞬で人を引寄せる恋愛をしましょう

 勝てる恋愛テク

「ヒュ~…、ドン」

真夏の夜空に優美に輝く打ち上げ花火。
一瞬の輝きに目を奪われたと思えば、散ってしまう名残惜しさに人は心奪われます。
花火を一夏の恋、儚い恋、許されない恋に例えたラブソングも多くありよね。
きっと夏になると思い出す思い出の一曲もあるでしょう。
地元の夏祭り、花火大会、偶然に小中学校時代の同級生と再会することもあります。

その再会した同級生が昔好きだった片想いの相手だったら…

片想いと思っていたのに、本当は自分のことが好きで両想いだった。
なんてことがあれば、当事アプローチできなかったことがお互い悔やまれます。
高校進学で思いを告げられないまま別れを迎え、大学進学や就職で地元を離れれば、繋がりも薄れます。
お互いが別々の環境で他の相手と恋愛し結婚、家庭を築いていることもあるでしょう。

再会で初恋のトキメキが甦りるとですね。
「あの時に戻れるなら…」
「自分の人生も変わっていたかも知れない」と思うかも知れませんね。

また、ビアガーデン、花火大会などの夏の飲み会やイベントでタイプの異性に出会ったり、
お互い結婚しているにも関わらず恋に落ちてしまったら?

「許されない恋」
「叶わない恋」だからと言って諦めてしまうのでしょうか。

一般的な世論、お互いの配偶者、子供がいる場合は子供のことを考えると、
当然ですが「不倫関係は許されるものではありません」よね。
お互いの家庭や地位を捨てて、お互いの恋愛を貫くにはあまりにも犠牲が多すぎるでしょう。
ですが、事情があるにしろ惹かれ合う男女がすれ違ってしまうのは、人の人生として切ないような気もします。

「もう少し出会うのが早かったら」
「人生が2度あるなら次は一緒になりたい」
「あの時に戻れるならやり直したい」

思いを押し殺して生きていくのは、十字架を背負って生きる、とまではいかなくても、
払い去ることのできない悔いを背負って生きていくことになります。
真夏の夜に輝く打ち上げ花火のように、咲いたと思えば消えてしまう恋。
逆に言えば、花火のように一瞬の恋だからこそ優美に輝く、のかも知れませんね。

8月は各地で花火大会が催されます。
夜空に上がる花火を観れば、過去のさまざまな夏の恋の思い出が「今」のように蘇る方もいらっしゃるでしょう。
「叶わない恋」
「消えてしまいそうな恋」
そんな相手だからこそ、一瞬の花火を通じて夏の輝く夜に一緒に思いを馳せてみるのもよいかも知れませんね。

この記事をシェアする