本当に美しい花(美人)には棘があるのか?

 勝てる恋愛テク

本当に美しい花(美人)には棘があるのか?
美しい花には棘がある、又は綺麗な花には棘がある。
意味は「美しいものには人を傷つける一面がある」と言う意味です。
これを美人と置き換えて、美人には問題がある。と解釈するのが日本では一般的ではないでしょうか。
しかし…
美人だからと問題があるのか?これは疑問です。
「恋愛」に特化して考えた場合は、美人になろうとしていないタイプには問題があると思います。
性格
容姿
体系など
現状にてモテないから、モテたいと考える訳ですが、その際に現状を完成品として「どうぞ」のタイプ。
これは男性に合わせる意識がないのでモテない原因となります。
多いのは性格ですよね。
我侭・自己中心的なタイプは「言い寄られる」ことはあっても…
自分から手に入れようとする恋愛の成功率は低い傾向があります。

● 不倫を繰り返す美人タイプ
不倫が多いというのは男性から見て「魅力的」と言えます。
ですが、軽い・簡単・手間が掛からない・言いなりにできる、など。
遊びとしてキープさせようとする男性の本心で軽く見られてしまう女性は多いですよ。
勿論、男性は好き・綺麗・大切と言うので….
自分が遊ばれていると気付いた時は、自分が男性に依存している状態となります。
好きだからこそ、嫌われる発言ができない。そんな性格を誘いの時点で知っているので「言いなりにできる」。
このようになってしまうのです。

● 美人特有のビジュアルで恋愛している場合
男性から誘われる恋愛が多いと、自分はモテると思うのは当然です。
ですが「モテ期」って永遠じゃないですからね。
本当に大切な彼氏だとすれば、ビジュアルだけで引き寄せようとするのは不足だと思いますよ。
美人
可愛い
会社にも、友人にも、街中にも上には上がいっぱい居られます。
なので彼女や妻として大切なのは「居心地」となる接し方が重要となります。
勿論、接し方の中には会話・語尾・言葉選びも含まれます。
なので暴言や軽視した発言、酷いのは馬鹿にしたような言葉を使っていると気持ちは離れますからね。
見た目で好かれていると油断してはいけないと思います。