最悪のタイミングで名前を間違えたケース

 別れさせ・復縁事例

最悪のタイミングで名前を間違えたケース
彼女・妻の名前を間違えた経験ってありますか?
女性が彼の名前を間違えてしまった…もありますよね。
別れさせ屋に寄せられるお問合せでは、名前間違いでトラブルになった比率はですね。
女性が間違えたケースが多いです。
彼が冷めてしまった。
なので、彼女と別れたいとなるご依頼も多いです。
又は彼女さんが「復縁」と言うことで来社され、別れた原因に「名前を間違えてしまって…」
このように単に名前を間違うだけで大きな結果に進むことって有り得ます。
そりゃそうですよね。
間違えられた側としては、忘れようにも忘れられない名前となってしまうでしょう。

では、そんな名前間違いが起きたシーンです。
日常の油断した一瞬で間違えるって多いのですが、これは別れに至るケースは少ないです。
深層心理に残って忘れられへんわ!ってなるのはですね。
やはり「行為中」のエンディング付近ではないでしょうか。
2人の感情が高ぶった状態での間違いって…心の声となるので罪は重いと思いますよ。
実施、浮気相手の名前を言ってしまって関係が発覚した話を何度も耳にしています。
(浮気相手が知人など)

● 名前を間違えないために!
私が恋愛コンサルタントで提案させて頂いてるのは「芸能人」を好きになる事です。
例えば「あゆみ」と言う名前の浮気相手だったとしましょう。
そうすればアユミと名の付く有名人・芸能人らを好きになった!としておきます。
興味がないにしてもCDを買ったり、雑誌や写真集を買うなど。
一定の関心があるのかなぁと理解させておけば、名前を間違えても危険度は下がっています。
多い間違いはですね。
名前を言わないで接しようとするタイプです。
これは隠す行動なので、多くの部分で不自然&怪しさが露呈していると思いますよ。
よって「浮気してるな」と疑いを持たれる原因を自分から作っています。
大切なのは隠すよりも隠さない対策の方が「自然」に接することができますからね。

この記事をシェアする