恋人に「いいね」と思われていますか?

 勝てる恋愛テク別れさせ・復縁事例

困った時、
調べる時、暇な時…。
インターネット検索すれば、自分が知りたいことに情報が引っ掛かって来るのではないでしょうか。
最近だと企業や専門家が掲載する情報サイトよりも、一般の方が発信するSNSや動画が人気です。
「いいね」・再生回数が数万を超える投稿も少なくありません。

皆さまは、投稿された動画を閲覧するのって好きですか?
それとも自身でブログや動画を発信するのが好きですか?
言い方を変えるとですね。
人前で発言したり意見したりするのが好きか、それとも人が話しているのを聞くのが好きですか?
「どちらの質問の回答も後者だ」
そんな方は、自分の主張や意見がない方なのかも知れませんよ。

ここで小中高などの学校時代を思い出してみましょう。
クラスの年齢は同じ、入学当初は全員が学校に不慣れで、みんなが同じ横並びのポジションです。
誰が発言力があるなどの力関係もないと思います。
最初の1ヶ月は観察して、3ヶ月、半年くらいで何か決める際に発言する生徒と消極的な生徒に分かれます。
皆さまは発言するほうでしたか?
当然ですが、物事の方向は発言する生徒の意向が強く反映されますよね。

大人になってからはどうでしょうか。
自分の主張や意見がない人って、恋人との恋愛関係においても発言する機会が少ないと思います。
どうしたいか決められず相手任せにしたり、流れに任せる接し方となります。

自分の主張や意見がないことで何が悪いのか?
決めてくれる人に任せれば良いのではないか?

こんな声があるのですが….
自分で決められないということは、極端に言えば、出会いも別れも全て相手任せです。

恋愛のパワーバランスとして考えてみますね。
惹き付ける側が発信者、
惹き付けられる側(追いかける側)が聞き手となるケースが多いじゃないですか。
モデル、
タレント、
ミュージシャン、
お笑い芸人、
ユーチューバー、
政治家、
企業トップなどは自らのパフォーマンスで人を惹き付けますよね。
恋愛でも人を惹き付けるには、ルックス、トーク、SNSなど主張や意見を発信していくことが重要でしょう。

恋愛関係を深める要素の1つに共感があります。
これは意見を持つものどうし、あなたや相手が、どちらかの言動に賛同するという意味合いが強いと思います。
意見のない人が、他人の意見に従うのは共感ではなく同調ですよね。
これだと、恋愛には共感のような絆や感動は生まれません。

自己主張と聞くと聞こえは悪いかもしれません。
ですが、積極的に意見を発信し相手をリードしていく、共感を得ていくことが恋愛関係を成功させる。
うまく進める1つの方法でもあるのではないでしょうか。
相手の話したいことを引き出すにも、前フリとなる話が必要ですよね。
SNS投稿ならぬ実生活のトークやパフォーマンスでどれくらい「いいね」やコメントがもらえるか。
こういったことを意識した言動を心掛けていけば、
相手や周囲の人々のあなたへの反応や評価も変わってくるかも知れませんよ。

■ 別れさせ屋の社長ブログ
弊社の関連サイトでは社長ブログを筆頭に幾つもの情報発信をさせて頂いています。
これは「考え方」や「人間性」を理解して頂く際に、非常に効果的ではないでしょうか。
社長ブログだと1日1件の記事更新、多い日は2件の記事をUPしています。
それだけ会社に居る。と言う事実証明でもあるのです。
別れさせ業者、探偵業社の中には常に電話転送して携帯電話で受けているケースがあります。
これは事業として成り立っているのか?
不安に感じると思いますので、疑いに疑いを重ねて調べることを推薦しています。
日々新しい情報を発信したり、出来事に対しての意見を伝えることって大切ですからね。
これから「別れさせ屋に相談してみよう」とお考えの際は、ブログの更新頻度・更新時間もチェックしてみましょう。

この記事をシェアする