“心の振り子”大きく揺れていませんか?

 勝てる恋愛テク

・彼氏が浮気をしているつっぽい
・彼女から別れを告げられた
・失業してしまった
・車をぶつけてしまった
・思うように物事が進まない

こんな歯がゆい思いに駆られる時、人は2パターンの行動をとることがあります。

1つは、焦る思いを解放するかのような「衝動的・短絡的行動
・不利益を人のせいにして他人に強くあたる
・即効的な問題解決策を講じようとする
(失業だと求人応募を多くする、恋人の浮気だと浮気相手と別れるよう迫る)
・「何とかしないといけない」と焦りからパニックになる
・四六時中その問題のことばかり考えてしまう

1つは、問題から目を背けるような「現実逃避的行動
・浮気する
・「どうでもいいや」と開き直る
・お酒、ギャンブル、テレビ、ゲームの快楽的行動により思考を停止させる

つまり問題に対して、目を近付け過ぎている、遠ざけ過ぎているのが2つのケースでしょう。
人によって問題解決法はさまざまです。
だけど問題を“適度な距離”で見つめるのが、問題に対して適切なアプローチの1つの方策ですよね。

自分の心を1つの振り子に例えてみましょうか。
問題に直面した時、振り子が大きく揺れたなら左右のどちらにも振り幅が大きくなります。
心が不安定な人の思考や価値観はですね。
一方に揺れた時に、問題に近付き、もう一方に揺れた時に遠ざかる性質を持っているのです。

なので問題に対して、的確かつ継続的に向き合うためには!
揺れている振り子を静止させること、心を「冷静」にさせることはないでしょうか。

と言いましても、人は感情的な生き物ですからね。
イレギュラーな事態に遭遇してしまうと、すぐに不安になり、心が大きく揺れます。

では、どうやって、心が揺れた時、揺れている振り子を静止させればよいのか?
これは難しくありせん。
「一瞬」でもよいので、自分が実行しようとする行動を「一旦保留」にするだけ。

行動を保留できない人の典型的な例が、頭に浮かんだ、思ったことを全て口に出してしまう人です。
言おうとしていることが、言ってよいのか、悪いのか、考えないで全部を相手にぶつけてしまう。
当然、人間関係って崩れますよね。
頭の中の“フィルター”でどれだけ自分の行動を冷静に判断し選別できるか。
この考える力が、心の振り子を静止させる重要な鍵となるでしょう。

この記事をシェアする