“尻尾”を掴まれる側と掴む側の損得関係

 勝てる恋愛テク

少し前にトカゲの尻尾切りの話をしましたが、覚えていらっしゃるでしょうか?
(参照:時間を犠牲にするより尻尾を切ってください

自分が意図しない恋愛を強いられる相手にですね。
“尻尾”を掴まれたなら、“命”(自分の有意義な時間)を守るため“尻尾”を切って逃げる。
これも1つの選択という話です。

恋愛では、いつも追われる側になると限らないですよね。
なので「自分が追う立場」である、尻尾を掴む側になった時のことを考えてみましょう。
結果として自分は“尻尾”を手に入れている、(小さな)得をしているわけですから、
相手に“尻尾”を切られたことに気付いてない方も多いと思います。

例えば、あなたが好きな人にアプローチしてデートに応じてくれたとします。
誘った側は心踊る気持ちです
誘われた側の本音は…

「気のある素振りをして悪いなぁ」
「1回デートしないとダメだな」
「やっぱりタイプじゃなかったと断るようにする」

こう考えているかも知れません。
誘った側はデートできているので「得」していますよね。
誘われた側は自分の時間を犠牲にしてますので「損」していると言えるでしょう。
ですが、相手はしつこくアプローチされ続けかねない状況より、
一時の時間の犠牲(尻尾を切る)で、誘う人から逃れられると思っている可能性もあります。

・恋愛経験は豊富
・恋愛でいい思いもしている
・だけど、恋人と続かない
・別れを切り出されてしまう

こんな方は、この“尻尾切り”にあっていると考えるべきでしょう。
“尻尾”(相手との時間)は手に入りますが、本体(長期的な関係)が手に入らないわけですから。
ビジネスに例えますね。
相手が一元(初めて利用する顧客)止まりで、それ以上の関係(リピーターや紹介者)になれていない。
こう言うことです。
つまり、相手が「損した」と思うから一元であり、
サービス提供側は売上によりWINですが、顧客はLOSEですので、リピートする顧客にはなりません。

お金を失い、お金を得る側
尻尾を失い、尻尾を得る側

があるように、人がいろいろな意味での別れの決断をする時。
別れを切り出す側は、少なからず“尻尾”に相当する何かを失っていると感じています。
一般的な価値観として、恋愛に限らず人との触れ合いの中で、
時間など何か価値のあるものを失ったと思う時、「損した」「無駄だった」と思うでしょう。
ですが、この時に本当に損をしているのは、どちらの側でしょうか?
対人関係での“トカゲの尻尾切り”では、
尻尾を切って逃げる側は、恋愛の主導権を手にするポテンシャルを持っている。
という意味で感情的に優位に立っています。

追うよりも、追われる側に立つこと。
これが恋愛の基本的であり、
総合的・長期的に見て“尻尾を切って逃げられる”ことは“得”と言えるのかも知れませんよ。