北摂エリアの方がデートするのは大阪か?京都か?

 勝てる恋愛テク地域別

大阪駅(梅田)から京都駅(河原町)に向かうと「北摂」を通りますよね。
北摂とは…高槻市、茨木市、枚方市など。
こちにらにお住まいの方は、デートなどの際に大阪へ行こうか、それとも京都へ行こうか、悩む方も多いでしょう。

大阪は、狭い地域に多様な商業施設が密集しており、買い物→飲食店など、店舗をはしごする時に便利です。
梅田界隈の店舗密集地域では、店舗間の競争も激しいですからね。
そのため、大衆ニーズを掴めない店は淘汰される運命にあり、“はずれ”の店も比較的少ないのでないでしょうか。
ですが、昼食時などは、飲食店、カフェも込み合っていて人気店となると席が確保できない可能性もあります。

一方、京都はと言いますと、
京都駅周辺と、烏丸、河原町、祇園四条付近に定番、または個性的な飲食店や小売店が比較的広範囲に分散しています。
お目当ての行き先などがある場合は、店舗間の移動に少々労力がかかり、バス、地下鉄の利用が必要なケースもあります。
京都の古き良き街並みと現代の文化が融合し、独特な非日常を味わえる楽しさがあります。
ですが、初めて訪れる方は道に迷ってしまうこともあるでしょう。

最近、にわかに注目されつつあるのは、大阪でも京都でもない駅隣接型の商業施設、商業地域です。
JR高槻駅、阪急高槻市駅周辺は、お洒落なカフェや、個性的なイタリアンレストランなどで、盛り上がりつつあります。
高槻周辺にお住まいや高槻にゆかりがあるカップルや友人だと、アクセスしやすく、
終電ギリギリの時間まで余裕を持って飲みの席を楽しめる高槻の飲食店を重宝している方もいるようです。

買い物やデートを楽しみたい大阪北摂のカップルに人気のスポット。
それは阪急南茨木駅、または京阪門真市駅からモノレールでアクセスできるエキスポシティ(吹田市)です。
大観覧のほか、水族館「海遊館」プロデュースの生きてるミュージアム「ニフレル」、
映画館、お洒落な飲食店、ペットショップ、最新の有名ブランド店などが建ち並び、1日で全てを回り切るのは難しいでしょう。

その他にも、京阪モール(京橋)、くずはモール(枚方市)、イオンモール京都桂川店(京都市南区)、
イオンモール大日(守口市)などのショッピングモールが大阪-京都間にあり、
たいていの飲食や有名ブランドのテナントが入っていますし、他の商業施設と差別化するため、
有名人を招いてのイベントなど独自の取り組みをしているモールもあります。

モール型商業施設の最大の特徴は、老若男女問わず楽しめるようにできているということです。
特にあまり出歩かない男性は、大阪(梅田)や京都(河原町)に出てみたものの、どこにどんな店があるかわからない、
ようやく携帯のマップで辿り着いたが満席で、また違う店を探さないといけない、なんて経験があるのではないでしょうか。

モールだと、ほぼ全てのジャンルのお店が揃っています。
飲食店などひとまとまりになっているため、ひとつの店がダメなら隣りの店へ、
というようにあまり地域やお店の知識がなくても楽しめます。
大阪(梅田)や京都の街に詳しくない方は、ショッピングモールがデートの失敗も少ないと思います。

ちなみにですが、不倫カップルがよく利用するのは、駐車場が利用できるショッピングモールです。
専業主婦やパート主婦の場合は、子供を保育園に預けている昼間の時間が密会時間ですからね。
大阪(梅田)や京都まで行く時間がなく、車だとランチ→ホテル、と移動しやすいので「駐車場」は必須となります。

大阪か京都かモールか、年代や、子供の有無、会える時間帯、アクセス面など。
相手のステータスを総合的にみて、適切なデート先を選ぶことも恋愛力の1つでしょう。

● 別れさせ屋の依頼が多いのも「大阪北部」
大阪府・大阪市内では沢山のご相談を頂いているのですが、中でも北部は作業現場が多いです。
北部と南部の違いは、淀川を超えると北部であり、大和川を越えると南部となります。
南部は渋滞が少ないのですが、北部では渋滞する時間帯がありますので尾行・追跡の難易度は高くなりますね。
また「持家率」も高いので追跡から自宅特定が早いのも特徴と言えます。