体を求める男性、心を求める女性との違い

 勝てる恋愛テク

「男性は体でセックスをし、女性は心でセックスをする」
男女差を時、一般的に言われている事です。

これはですね。
男性のゴールが射精(体が満たされる)に対して、女性は明確なゴールがありません。
女性は行為中に愛情を感じる(心が満たされる)に重点が向くことから、
性別による生理的な違いに由来するのではないでしょうか。

恋愛を線引きしてみます。
男性は、性行為や以外で心が満たされ、性行為で体が満たされる
女性は、性行為を含めた恋愛の全行程で心→体の順序で満たされる
このように言えます。

男性は女性に対して求める、思いやり、優しさ、母性など心の部分。
そこと性的欲求の成就、すなわち体の部分が独立しています。
なので、心が満たされたから体も満たされる、体が満たされたから心も満たされる?
こうなり難いのです。

例えば、男性意識の場合。
妻は美人で若くて、気が利いて、家事も完璧にこなし、子供にも自分にも深い愛情を持ってくれる。
この部分では心が満たされています。
だけど…、性的欲求・体が満たされてないと「欲求不満」となるでしょう。

一方、女性はどうなのか?
恋愛の行程で男性の愛情を感じられ、心が満たされていれば?
自ずと体も満たされていく傾向にあります。
手を繋いだりキス、その他の性的行為は男性への愛情確認でしかないわけです。

男性は、女性が好みのルックスであれば一般的に、誰とでも性的行為に及べますよね。
女性は、多少は心が相手に傾かないと、体の関係はNGです。

女性に多いのですが、キスや性行為をしてしまった男性を好きになってしまう。
こんなケースはですね。
性行為に及ぶ前からある程度、心が男性に傾いていたのです。
その意識状態で体の関係を持つことで、愛情の確認作業となり、男性への思いが一気に募ってしまう。

整理しますね。
男性は、心と体の欲求が独立して、それぞれが満たされないと不満。
女性は、心が満たされることに重点が置かれ、体の関係は確認作業。
こうなります。
この意識から浮気防止を考えた場合。
男性は、体の関係を含め女性の心を満たすことに重点を置いて、
女性は、男性の心と体のどちらか一方ではなく、両方を満たすことを考える。
これが浮気防止の「意識」として必要ではないでしょうか。

この記事をシェアする