人のコントロールには定期的な“息継ぎ”が必要です

 勝てる恋愛テク

新型コロナウイルスの感染拡大で自粛ムードが広がっています。
一方で、“コロナ疲れ”“コロナ鬱”と呼ばれる新たな2次的問題が世間を騒がせてます。

花見禁止場所での花見
人が密集するイベント開催・参加
コロナに由来するストレス蓄積、
発散のための「羽目を外した」行動が社会問題になっています。

新型コロナ騒動に関わらず、「危険・ダメだ」と頭では認識している。
だけど衝動を抑えられない、といった感じですね。
アルコールやタバコ、ギャンブル、性欲などもそうですが、
「込み上げてくる衝動を抑えられない」は誰でも経験あると思います。

こういった人の“問題行動”の原因を考えた場合。
自分のコントロールを失っているという状況と言えるでしょう。
人って「自分をコントロールできる」と思い、自分の行動を律しようとします。
自信過剰や自意識の高い方に多いのですが…

・徹夜で物事に取り組む
・娯楽や余暇、休息など目的達成に無駄と思える時間やものを制限する
・自分より他人や世の中のことを優先する
・実現不能と思われる高過ぎるトレーニングや目標を自分に課す

これらが見られることがあります。
又は、自意識の高い人(本人)が、恋人にも自分と同じような“行動制限”を促したり、
同じように「コントロールできる」と思い込んでいるケースもあります。
ですが、自分を厳しく律せられる人は少数ですからね。
“コロナ疲れ・コロナ鬱”の現象を見れば分かり易いですが、自分は思っているほど強くありません。

自分や他人をコントロールするために大切なこと。
それは強さを意識するよりも「弱さ」に目を向けることではないでしょうか。

・飲酒や喫煙、ギャンブルに走ってしまう
・出会い系サイトや水商売のサイトにアクセスしてしまう
・スマホゲームに講じてしまう
・生活や精神のバランスが崩れてしまう

といった意図しない事態が生じた時。
自分自身や他人のコントロールを欠いていると言えます。
満たされない何かを埋めるため、「そうせざるを得ない」行動だったのでしょう。

人の心身が何かを足りないと感じた時。
水の中で息を止めていて、水から出ると周囲の空気を勢いよく吸ってしまう。
このようにく、身近にある快楽的欲求を満たすものに手を出します。

息を止める(我慢や辛抱)するのでしたら、定期的に息継ぎする(息抜きやストレス発散)。
この行動により余裕を持って綺麗な空気の部分を取り入たり、
目の前にある汚れた空気を慌てて吸ってしまわない、1つのコツになると思いますよ。