ヒステリックな女性(彼女)とは別れるべきなのか?

 別れさせ・復縁事例

ヒステリックな女性(彼女)とは別れるべきなのか?
ヒステリックな彼女とは別れるべきなのか?
度合いにも寄りますよね。
ただ、言えるのは話合いをして冷静に会話できない人の場合。
別れる選択は正解です。
彼氏が我慢して我侭・理不尽な要求にも耐えられるのなら…続くとは思いますよ。
ですが、それは相思相愛ではなく彼氏の我慢なだけなので実態は冷めた関係と言えます。
この部分に「情」を持ってしまうと?
彼は別れる選択を先延ばしにしてしまうのですが、それを彼女は「振り回された」と言うと思いますよ。
なのでヒステリックで冷静な話合いができない人だと、別れる方がメンタル的には落ち着くことでしょう。

問題は2点だと思います。
1点はヒステリックが改善できるのか、1点はヒステリックの原因は?
この2点からよく考えてみましょう。
基本的に人間の性格って変えられませんので、制御・我慢・妥協によりコントロールします。
これをできないのが…
自分を正当化させる”自己愛の強い人”ですよ。
出来事の原因、失敗やトラブルを「自分は悪くないんだから」と考えるタイプです。
全ての要因を他人に向けて考えるタイプは、性格を変える気がないですし、制御する気もない。
よって自分の都合を聞いてくれる人を「居心地がいい」と理解しているのです。

もう1点はヒステリックの原因。
過去の環境
現在の環境
将来の不安
この要素から考えると、多いのは「過去」となる育ってきた環境・親との関係など。
世間で言う「親から甘やかされて育った」はヒステリックになりやすく、
自分の都合を相手に押し付ける恋愛をしているケースが目立ちます。
逆に、親の顔色を伺ったり・親のためにと勉強を頑張ってきた人は…浮気相手の愛人側になるケースが多いですね。

最後に、人間って誰でも攻撃的な面を持っていると思います。
それを恋人だからと安心して自分の本性を出す人も居るので、それは良いのか?悪いのか?
判断は非常に難しいです。
ヒステリックな人は人との付き合い方が上手ではなく、気疲れすることが多いんですよ。
それは恋人・彼氏に八つ当たりして「もうお前には我慢の限界だ!」と別れに至るケースもあるんです。
この場合。
女性(元彼女)が相談者となり、元彼との復縁依頼で別れさせ屋を訪れることになります。
ですが!
ヒステリックで冷静を失って暴言したり、親を巻き込んでのトラブルを作ってしまうと…。
復縁は無理に近いくらいで難しいのです。
それはそうですよね。
誰だって冷静に話しもできない人との復縁・同棲や結婚は応援しません。
そこに加えて、新彼女が意見を聞き入れる性格だったとしましょう。
当然に、元彼女・現彼女と比較するので不利なのは暴言な元彼女となってきます。

「復縁したい」
この気持ちが本気であれば、過去を冷静に考えて反省点から逃げないことですよ。
自己改革もせずに「復縁したい」は押し付けです。
自己中心的な感覚を捨てないと根元の解決にはならず、追えば逃げるの繰り返しで時間だけが経つことでしょう。
ヒステリックな言動は自分も不幸になり、相手をも苦しめるので我慢が必要だと思いますよ。