バレンタインデーで“恋敵”に差をつけるために

 勝てる恋愛テク

2月14日のバレンタインデーまで1週間

デパートでは、バレンタインムードになってますね。
みなさまは、彼氏さん・ご主人へのチョコレート選びは決まりましたか?

最近の傾向としは、チョコレートに限らず、お酒や衣服を贈ったり、ディナーを楽しんだり。
バレンタインの過ごし方も多様化しているようです。
女性は片思いの男性へとアプローチできる、告白しやすいチャンスと言えるでしょう。
その理由は、”本命チョコ+義理チョコ”が存在するから。

「告白予定の男性に義理チョコをだと意味がないんじゃん」
そんな声が聞こえてきそうです…
この義理チョコが恋愛テクニックとして“ポイント”なんですよ。

義理チョコは、その名の通り義理です。
なので、職場の上司・部下、趣味のサークルの仲間など幅広い人にプレゼントできます。
つまり、彼女がいる男性、極端に言うと未婚・既婚を問わずにアプローチできる。
アプローチとは…
義理のフリをして「本命かな」と思われる素振りをすることで、恋の種を植え付けるとこと。

本命の彼女がいる、いないは問いません。
男性って女性からの好意がわかると嬉しくなりますからね。
「自分のことを好き」
こう意識すると、その女性へと特別な感情を抱かくことが恋愛テクとなります。

ですが、明らかに義理と思われるプレゼントをしても効果は薄いですから。
何か特別な感情を抱かせ、
それでいて気持ちが重いと感じられないプレゼントのチョイスが重要です。
チョイスする際に意識すべきこと。
それは、ライバル(本命)と同じレベルでは差をつけることは難しいでしょう。

● 事例(恋敵が市販のチョコとして)
・仕事が使える小物(ボールペンなど)のプレゼント
・自作のオリジナルのスイーツ
・プレンゼントではなく、体験(人気のカフェに誘うなど)
・ギフトカードにメッセージを添える、など

これらが”実用的”で色恋意識のプレゼントとは差が出やすいです。
自分が本命彼女(妻)である場合。
「彼は自分にゾッコン」
「義理チョコしかもらえない」
例年通りのマンネリな対応をしていれば…
その男性に好意を抱いてる女性が2月14日を利用してくれば?
「俺のことをわかっていてくれる」
「俺の居場所が見つかった(居心地がいい)」
こうやって告白を境に気持ちが傾くことも考えられますよね。

バレンタインデーは、自身が本命彼女、浮気相手のどちらでも。
恋敵の存在を意識しないといけない日です。
普段から、彼氏のことをどれだけ理解しているかが試されるかも?
2月14日がのみが勝負でなく、何気ない日常も常に勝負している。と心に留めておきましょう。