タワーマンションの防犯性と探偵的な意見

 探偵・不動産調査

タワーマンションの防犯性と探偵的な意見(西区北堀江で1番人気のシティタワー堀江)

最近のタワーマンションって防犯性が高いですよね。
オートロックが2重になっていて、エレベーターも部屋鍵がないとボタンを押せません。
安心して住めるマンションが多くなってきました。

● タワーマンションにある不足点
駐車場が狭いので車好きの方には難点となる物件も多くあります。
例えば一般的には全幅1850mmの幅があれば良いと思われがちですが、富裕層が好む車は比較的大きいですよね。
1870mm~1950mmの車を所有する方は付近に月極めで借りて居られます。
こうなると行き来が面倒ですし、折角の防犯性が活かせてません。
車の下にGPSでも付けられたら?なんて可能性も無いとは言えないのです。
この辺りを改善しないと、安住の地として「住む」には施設が不足していると言えます。

そんなタワーマンションですが、探偵が居住者を調査するとした場合。
どこが難しいと思いますか?
先ずは、部屋号・玄関が見えませんよね。
なので、いつでるの?、部屋が不明だと…どの部屋に住んでるどんな人なの?がわからないのです。
(参照:「住所がわからない」の調査料金
これは本当に調査しずらいと思いますよ。
では、勝手に入ったらどうなる?
不法侵入となってしまいすし、タワーマンションだとロビーからEVなどを全て録画しています。
よって不審者は全館に「不審者が侵入」とアナウンスされてしまうのです。
実際、私も住んでましたので付近での家事・不審者に関してはアナウンスがありましたよ。
また「当たり屋」が出没していると…人相・怪しい車のリストなどが回覧されるんです。
それだけ目に見えない防犯性が高いので、タワーマンションって本当に良い物件だと思います。

では、戸建てだとどうなのか?
探偵が調査するには、戸建てはとても作業しやすいです。
郊外の新しく区画整理された住宅地だと「地域の案内板」が番地・名前付きで開示されてますよね。
あれは個人情報が漏れる原因です。
玄関どころか部屋の明かりまで見えますし、夜だと室内が丸見えになっています。
その意味では、戸建ての方が探偵が調査しやすく防犯性は比較と思いますよ。
また、大阪でも市内中心部の場合。
マンションに表札を出す方はとても少なくなりました。
これも物騒な世の中なので、今後は表札・住居表示を張り出すケースは少なくなるのではないでしょうか。