クリスマスデートができない時の対処法・不倫デートの心理

 勝てる恋愛テク

12月25日のクリスマスまで1ヵ月を切りました。
時間が経つのは早いですよね。
そんなクリスマス(12月24日、25日)の予定はお決まりでしょうか?

「まだ決まってないなぁ」と思われた方。
出来る限り早急に予定入れることを強く推薦します。
なぜかと言うと…
クリスマスは、日本でもカップルには「特別な日」として定着しています。
なので恋人との絆を強めるには心理的にも絶好のチャンスなのです。

例えばですよ。
彼氏から12月24日に仕事で遅くなるから会えない。の事態になったら?
彼女には12月24日が不満が高まるイメージを持ってしまう。
この解決・補いとしては、納得できる理由がない限り「どうしてイブに限って仕事なの?」は残るでしょう。

12月24日~25日はですね。
カップルにとって絆が深まる日ですが、会えないと2人の関係には致命的となる可能性があります。
飲食店などサービス業で働く方は仕方がないですが、
それ以外で時間融通が出来る方だと、職場のクリスマス会も24日25日は外して行われますよね。
多くは仕事を早々に切り上げて帰宅することでしょう。
だけど…
”クリスマスに会えない”ってなれば、理由はどうあれです。
恋人から2人の関係より大切にしているものがある、と考えられても仕方がないのかも知れません。

しかし!
どうしても外せない事情で24日~25日に恋人に会えないとした場合。
この2日の空白をスルーして扱ってはいけませんよ。
女性は「クリスマスなのに何もしてくれない」と1年後・10年後にも残るイメージを持ちます。
大切に扱われていない、という疑問を抱くきっかけですからね。
寂しいクリスマスの思い出として2人の溝には深く残ってしまうでしょう。

この場合に重要なのは、2日間の空白の埋め合わせです。
前倒しするか、26日以降にクリスマスに一緒にディナーを上回る楽しい計画を立てること。

<事例>
・年末年始は旅行に出掛ける
・USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)のカウントダウン
・東京ディズニーリゾート
・国内最大級のイルミネーションを見に行く
・温泉
・カニ食べ放題
・好きなグループのライブ

これらの予定(埋め合わせ)があれば、クリスマスに会えなくとも1年を良いイメージでで締め括れるでしょう。
上記は浮気のない真面目なケースです。
浮気・不倫のしている方だと、12月は恋人や浮気相手の感情をうまくコントロールすること。
無計画ではなく、計画性を持って、クリスマスに修羅場となり全てを失わないように。

● 別れさせ屋が見たクリスマス不倫の実情
私たちの仕事では「人の裏側」を見ることが多いと思います。
妻の浮気、彼女の浮気。
夫の浮気、彼氏の浮気。
そんな浮気デートをクリスマスに尾行していると、高い確率でホテルinされます。
日頃に会う機会が少なければ…仕方のないこと。
ですが、雰囲気のある日なので「聖クリスマス」を「性」で終わられるのは思い出になりません。
10年後・20年後も素敵なクリスマスだったなぁと思える日を作るには!
やはり、ホテルinは絶対に避けるべきだと思いますよ。
「したい」のは山々だと思いますが、浮気相手が本命に勝るには「情」を深めることです。
性欲の発散では情は作りにくいですから、出来る限りはデートだけで終わらせること。
この意識で印象に残る日(デート)を積み重ねてください。
そうしないと、浮気は遊びであり、本命優先なのは間違いないので最終判断で負けますよ。