「義務」から解放され、恋愛や人生を楽しむ

 勝てる恋愛テク

・恋愛しなければいけない
・結婚しないと
・恋人をどこか連れて行かないと
・働いて稼がないと
・夕食の支度をしないと
・家族サービスしないと

こんな感じで最後に「いけない」により、追い立てられた経験。
ございませんでしょうか?

「~しなければならない」という思いに駆られる時はですね。
自分から進んで動くよりも、
目的から義務的に重い腰をあげる要素が強くなっています。
なので前向きに取り組めない・楽しめない、となるのではないでしょうか。

こういった「義務」を強いられる原因を考えてみましょう。
誰でも人間社会の“波”の中で生きており、流れに逆らうことはないできません。
自分が動かずに留まれば…
他人や世間から背中を押される運命が待っているのです。

背中を押されてから、渋々行動する時。
以下の思考になることが多いのではないでしょうか。

「最小限の労力」
「切り抜けたい」
「やり過ごしたい」

「義務」をやり過ごせても、自分が満足できているのか?
他人を満足させられる最高のパフォーマンスができているのか?
この部分って自信を持って「はい」とは言いにくいですよね。
つまり「義務」とは!
人を動かす力は強いが、得られる成果は少ない。とも言えます。

● 義務とは
「しなければならない」の対義語として、「権利・自発・自由・任意」があります。

権利=できること
自発=自分から行動すること
自由=思うままに行動する
任意=意思に判断を委ねること

その他「自粛・自制・我慢」も自発の意味で「義務」の対義語に感じます。
仮に「義務」の対義語を「自発」と定義した場合。
「自発」は人を動かしにくいが、動いた時に得られる成果は大きい。
このように考えられます。

では、恋愛や人間関係では「義務と自発」どちらで向き合ってば良いのか?

人の行動を促す力の強弱や行動の成果の有無。
これは人間関係や日々の生活に直接影響を及ぼすのか、を考えるとですね。
少なからず原因の1部になり得るでしょう。
ですが!
「義務」によって背負わされ、
「自発」によって解放されるもので最も大きのはストレスです。

“後向き”、「義務」に追われているのか、
“前向き”、「自発」的に進んで歩みを踏み出しているのか、
日々の行動を振り返ると、解決できる人間関係や悩みがあるのではないでしょうか。