「会社沿革」とは、会社の履歴書なので業者選びの参考資料ですよ。

 ご相談方法

会社の沿革は、会社の履歴書
■ 別れさせ屋の業者選び・チェック方法(会社沿革)
当社サイトの「会社案内設立からの沿革」はご覧頂けましたでしょうか?
私達がご相談をお聞きする中で増加傾向にあるのが他社に依頼中・他社に依頼したことがある。のケースです。
ご依頼が成功していれば…当社にお問合せを頂くことはないですよね。
なので「他社に…」のケースでは、多くが不満を持ったご意見を頂戴しています。

その際、お客様に「他社に依頼した理由は何ですか?」と尋ねるのですが、多いのは「料金だけで決めました」です。
勿論。間違ってはいないと思います。
料金の部分って大切ですからね。
ただ不足した判断方法であった事はあるのではないでしょうか。
料金設定
業者の内容
作業方法、など。
もっと比較対象を増やすべきだったと思いますよ。

今後の参考資料としてお伝えしたいのは「沿革」を確認して頂きたいのです。
これは会社の ”履歴書” とお考えください。
面接する際に履歴書って常識ですよね。
面接を相談の検討として考えたら…履歴書(会社沿革)のない業者をどうやって判断するのか?
これがビジネス的な考え方なので、一般企業では常識的に沿革ページを用意しているのです。
例えば、私の経歴(1999年~2010年)を見てみますと…

会社沿革
1999年1月に探偵事務所をスタートしています。
これ以前は、不動産販売会社に「営業課長」として勤務させて頂いてましたよ。
2001年2月に「ドメイン取得」をしています。
それから6年後の2005年8月に法人登記にして、翌2006年3月に「別れさせ屋の社長ブログ(Part.1)」が始まりました。
現在の私のブログはPart.3でございます。
そして、同時にテレビ出演の履歴(2001年~2003年)も確認してください。

テレビ出演
このように見て頂ければ、1999年からの経歴・経過を確認出来ますよね。
同時に、「経歴」が本当なのか?を見て頂けると思います。
テレビ番組・雑誌・新聞、ドメインから年月日のエビデンス(裏付け)をして頂けると安心できます。

このように会社沿革を見て頂けると、創業○○年が本当なのか?で概ねの技術力・経験は判断できるのではないでしょうか。
一般事業の不動産・中古車・飲食など。
多くの企業サイトでは「会社沿革」のページをご用意してますので見られた経験もあると思います。
是非・別れさせ屋を選ぶ際は料金だけで判断せず会社沿革も1つの判材料としてくださいね。
(参照:業者選びのポイント

この記事をシェアする