LINEを恋愛成就に利用する

 勝てる恋愛テク

みなさまは、「LINE」を利用されてますよね。
そのラインをどのくらいの頻度で、日々やり取りされていますか?

スマホを触れる時はいつでも、朝昼晩は必ず、何か報告や連絡することがある時だけ。
こんな感じで頻度は様々だと思います。

ところで、恋愛関係を深めるためには、頻繁にLINEで連絡を取り合い、深い話をしないといけない。
こうお考えの方も少なくないのではないでしょうか。
しかし…間違いではないのですが、ケースバイケースの対応が必要と言えるでしょう。

まずLINEの友達リストにあるアカウントですが、

① ブロック設定の対象
② ブロックするほどでもないが、友達とも言えない
③ 親しい友達
④ 友達以上恋人未満
⑤ 恋人or片想いの相手(好き)
⑥ 恋人or方思いの相手(好かれている)

この6ランクに分類できるのではないでしょうか。
ここで、あなたがLINEで気になる人へとアプローチした場合。
親しくなれることができるのか、という疑問ですが、
これは状況によりますが①~⑥のどの段階にあなたがいるかによると思います。

まず①は論外ですよね。
②~⑤は、メッセージを送信すれば返信があるけど….
気持ち<相手の気持ち、のパワーバランスをLINEのみで覆すには、かなりのテクニックとタイミングが必要です。
相手にはあなたのイメージができあがってますからね。
メッセージのみのでのやり取りでは、通常困難と言わざる得ないでしょう。

アメリカの心理学者が提唱した「メラビアンの法則」
こちらよりますと、人物の第1印象は初めて会って少なくとも5秒以内に決まります。

視覚的情報=55%(仕草・表情など)
聴覚的情報=38%(声質や口調など)
言語的情報=7% (言葉や話の内容)

と言われています。
この法則の考え方に基づきますと、LINEのメッセージのやり取りはですね。
言語情報の7%を操作しようとしているに過ぎない。
こう判断できると思います。

以上を踏まえますと、
会う(視覚+聴覚+言語)>ライブチャット(視覚+聴覚+言語)>電話する(聴覚+言語)>LINEする(言語)

と、相手に与える印象の効果がコミュニケーション手段によって異なるのがわかると思います。
では、LINEのメッセージ交換は、何のためにするのか、を言いますと、
電話したり、会ったりするタイミングを図るために利用するのが効果的です。

例えば、LINEの場合。

・相手の悩みを聞いて、電話で悩み相談
・相手の行動を把握し、会うきっかけを作る
・タイムラインや画像送信機能を利用して、相手の興味を引き、電話や会うための布石にする

などが考えられます。
つまり、恋人や気になる異性とLINEでやり取りできているからと?
安心してはいけない、ということでもあります。

⑥(あなたの気持ち<相手の気持ち)、すなわち、相手から求められる状態、に行き着くまでは、
とにかく少しの時間でも会う、それが難しいなら電話する、
きっかけを日々のLINEでのやり取りの中で作っていく必要があると思いますよ。

この記事をシェアする