20代の女性看護師がモテそうでモテない理由

 勝てる恋愛テク

● 紹介される女性のデータ
・年齢は20代
・スタイルが良くて、笑顔も素敵
・職業は看護師
・女優の新垣結衣さん似の清楚系

これらのデータを見れば「モテそう」と誰もが思われるでしょう。
ですが、実はこういったハイスペックな女性って恋愛に悩まれるケースが多いのです。
その理由について解説する前に…
2020年に放送していた、TBSテレビの火曜ドラマ「恋はつづくよどこまでも」。
こちらのヒロイン、上白石萌音さん演じる佐倉七瀬を覚えていますか?
おっちょこちょいで不器用、些細な出来事で一喜一憂する天真爛漫な性格。
だけど憎めず、そのピュアな役柄に胸キュンしてしまった、
ドラマとわかっていても思わずハラハラしてしまった視聴者の方も多かったと思います。

【補足情報】
弊社代表はドラマを一切見ません。
「時間の無駄」と常々に言われるので、ドラマのことを伝えても「?」となっておられます。

医療ドラマのヒロイン役は、ピュアで天真爛漫だと、ハプニング要素もあり、恋愛も盛り上がりますよね。
男性が求める理想の女性看護師像はですね。
傷付いた心身を優しく包み込むように癒してくれる、奉仕してくれる、そんなイメージを抱きやすいでしょう。
そういう意味では、女性看護師というのは男性の期待値が高い職業と言えると思います。
しかし、女性看護師は命に関わる仕事をされているので、クールな印象のほうが強いです。
緊迫した医療現場では常に冷静な対応が求められますからね。
誰かに頼ることはできず、自分がしっかりしていないといけませんよね。
また、給与面も会社員よりも高収入であることがあり経済的に自立しています。

つまり、女性看護師は医師やエンジニアと同様に技術職的な側面が強い。
多様な医療現場を踏んでいれば、一般女性に比べ些細なことでは取り乱さない強いメンタルを持っている。
こう考えるのが自然でしょう。

ですが、女性のクールな印象って、恋愛ではマイナス要因として働く場合がございます。
会話やデートで、驚きや感動よりも原因分析しがちで、リアクションが薄くなります。
また、精神的、経済的な自立は、恋愛相手への依存度が低くなりますよね。
「寂しさ・心細さ」から男性を求める機会も少なくなるでしょう。
上記内容に心当たりがありそうな方の場合。
オンとオフの切り換え、恋愛する楽しさやメリットに焦点を当ててみる取り組みが欠かせないですよ。

この記事をシェアする