自分の非を認めることで、自信を失ってませんか?

 勝てる恋愛テク

・人より外面、内面とも優れている
・異性を満足させられる資源(お金や肩書)を持っている
・自分は完璧な人間である
・自分の言動は全て正しい
・自分にできないことはない

自信を得るために、このように自己肯定感を高める。
人より自分の方が優れていると暗示のように言い聞かている。
こうやって「自分」を作り出している方が居られます。

恋愛に限らず、自信を持って行動すること。
異性の心を惹き付けてるのに、物事に対して「自分はできる」と考えることは重要です。
自信が「ない」より、「ある」の方が圧倒的に優れています。
勿論、「できない」思考よりも「できる」思考にならないと、恋愛問題は解決はできません。

また、自信喪失者より、自己陶酔者(ナルシスト)として自信があれば、モテ要素は高くなります。

では、全てにおいて自己肯定して生きていくのが正解なのか?
少し違いますよね。
「自分は非の打ち所がなく完璧である」という前提に立ったら…

恋人に振られる→振った異性が悪い
仕事で失敗する→同僚や会社、顧客が悪い
理想とギャップ→社会や環境が悪い

このように周囲に責任転嫁して、自分が変わる・成長する機会を逃します。
ですが!
「間違っている」
「劣っている」
「至らない人間である」
と認めてしまえば、改善や成長の余地は出るが、自信を失ってしまうのではないか?
こう思う方も居られると思います。

「自己肯定=自信を得る」とした場合。
至らない点を認めることは「自己否定=自信を失う」ではありません。
至らない点も受け入れて、自分に自信を持つことを「自己受容」と表現されます。

・自己肯定の例
「振られたけど、恋愛スキルを磨けば、必ず振られないようになる」

・自己受容の例
「振られたけど、そんなこともあるよ。完璧な人間などいない」

・自己否定の例
「また振られてた。自分は価値がない人間だな」

大きく3つの自己に対する視点があると思います。
自信を失わず、自分の至らなさを認め成長に繋げるポイントはですね。
自己肯定と自己受容の視点に立つとことです。
「できる」人間ではあるが、完璧ではなく失敗もするということ。
恋愛や人生の質を上げてる為には、
自己肯定(自信を持つ)と自己受容(自分を許せる)のバランスが大切なのです。