日々の生活を支配するのは自分ですか?他人ですか?

 勝てる恋愛テク

06:30:目覚まし時計で起床
06:50:朝食
07:00:家を出る
07:15:地下鉄に乗車
0800:出勤

通勤中は、ネットニュースや携帯ゲームを見る。
会社では、「早く終業時間にならないかな」と時計を何度も見る。
そして…

18:00:退勤
19:00:帰宅

帰宅すると、テレビ(ネット動画)鑑賞、携帯ゲーム、同僚・友人・恋人と食事に繰り出す。
休日は、昼頃に起床して、掃除・洗濯。
恋人と待合せして繁華街に買物へと出掛ける。

このような1週間の生活パターンに心当たりがある方。
多いですよね。
これが「間違い」ではなく、無意識の中で日々の生活リズムを支配されているのでは?
との問いです。

一般的な生活パターンの場合
<仕事>
・お金を稼がないといけないから働く
・会社に属してないと不安だから就職した
<情報>
・ネットやテレビで興味のありそうな番組を視聴する
・携帯からニュースを見る
<娯楽>
・携帯ゲームに興じる
・取りあえず携帯を見ている
<出会い>
・恋人が欲しいからネットで探す
・ネットで調べた話題のスポットへ行ってみる

これらが、行動の原動力になっているかと思います。
現代社会の場合。

・就職や仕事は世間体に同調する、
・テレビやネットは、気軽に情報やアイデアを得やすいから

ここで問題なのは、自分の意思(意志)はどこにあるのか?、ということです。
「したい」ではなく、「したほうがいい」「しなければいけない」
「知りたい」ではなく、(他人が)「伝えたい」「知って欲しい」
と思うことに強く影響を受けていないか、ということです。
恋愛ですと、テレビやネットに溢れる「小手先」とも言える恋愛テクや定番デートスポットなど。
勿論、それらが重要なのは否定しませんが…
自らの願望や意見はどこにあるのか、である自主性が疑問です。

■ 恋愛する目的とは
・異性に好きになってもらう
・交際する
・肉体関係を持つ
・結婚する
・子育てする

■ 仕事する目的とは?
・仕事=お金を稼ぐ、
・家事=生活のために最低限必要なこと、

少し不足しているように思います。
「なりたい自分」「したいこと」を考えた場合。
それらは、延長線にあるものであり、本来の目的ではないでしょう。

例えば、「(自分が)幸せになりたい」と願うのであればですね。

・周囲を幸せにする仕事
・人を幸せにする恋愛
・同棲相手を幸せにする生活

このように、気軽に見つかる自分本意の情報や欲求に振り回されないこと。
幅広い意味で人や周囲のことを考えることではないでしょうか。
一時的な快楽感情や安心感、目先の「必要そう」な情報に惑わされていると?
ご自身が本当に求めるものは手に入らないと思いますよ。

この記事をシェアする