愛を手に入れる“たらいの法則”

 勝てる恋愛テク

「もっと愛が欲しい」
「もっと金が欲しい」

このように思ったことはありますか?
何かを強く考えた時って、お金・人からの不足を感じるのかも知れません。

「お金や愛が足りない」と考えた方に質問です。
どれだけのお金や愛があれば満足と感じるのでしょう?

回答は、人によってさまざまと思います。
何1つ不自由のない暮らしができても金銭欲が満たされない人。
仕事も充実して幸せな家族がいるのに愛に飢えている人。
など、お金や愛ってどれだけあれば満たされるのか…
これは決まった尺度で測ることができません。
結果的には、人の感じ方次第でしょう。

お金や愛は、一般的に入った水に例えられますよね。

● 「不足」と感じている人
たらいに水が少ししか入っていないと感じている。
「もっと欲しい」と、自分の方へと引き寄せようとします。
すると?
たらいは自分の近くに来ますが、水は自分とは反対側にこぼれ、結果は水を失ってしまう。

● 「十分」と感じている人
たらいに水がたくさん入っていると感じている。
他の人に分け与えようとして、たらいを相手のほうへ押し出します。
すると、たらいは自分から遠ざかるが、水はこちら側にこぼれ、結果は水を得ることになる。

つまりですね。
人に何かを求める人は、結果として何かを失ってしまう。
人に何かを与えようとする人は、結果として何かを得られることが多いのです。

恋愛の場合。
自分の感じ方、そして人への感じさせ方次第ではないでしょうか。
”自分自身”という存在を無償で認めてくれる両親・恋人が居たとしましょう。
そこで自分は「愛されている」と感じられます。

<直接的な行為(奉仕)>
・仕事や家事などを手伝う
・プレゼントする
・ハグやキスする
・「愛している」と囁く

<間接的な行為(奉仕)>
・相手の身の回りをきれいする
・普段は素っ気ないが病気の時は献身的な看病をする
・好きな食べ物ばかりでなく相手の健康的な食生活を考える
・相手の成長のため時に厳しく叱咤激励する

どこに「愛」を感じるのか?
これは人によって差がありますから、愛を闇雲に与えるのではなくて、
“たらい”の押し出し方やタイミングを考えることが重要です。

自分のたらいを満たしておくこと。
そして相手にも、たらいが満たされていると感じさせること。
この2点に留意しておくことが、愛を得る(失わない)ポイントになるでしょう。