彼氏選びで失敗しない「洞察力」の鍛え方

 勝てる恋愛テク

彼氏選びで失敗しない「洞察力」の鍛え方
「別れさせ屋」と検索されて、当社サイトをご覧頂いていると思います。
なぜ検索しましたか?
浮気でしょうか。
不倫でしょうか。
復縁でしょうか。
理由は様々だと思いますが、基本的には彼氏・彼女での恋愛トラブルですよね。

基本的なことですが、「別れさせ屋」と言うのは依頼=成功と結果が担保された契約ではありません。
中には作業自体をちゃんとやってくれるのか?と不安もあることでしょう。
そんな不安を抱えた上に「成功するのか?」と確信のない依頼が別れさせ屋なんですね。
なので、不安が大きいならば依頼しない方が懸命です。
不安よりも期待が大きいのであれば、1つの解決策として検討されては如何でしょうか。

私は1999年から別れさせ屋の専門会社を経営してますが、その経験的に感じていること。
それは相談者(依頼者)の洞察力が掛けているケースが多いことです。
彼氏さんを選ぶ時点で遊び人・浮気性・無責任と予想は出来ていたけど…好きになってしまった。
新しい恋愛をするよりも「彼を独占したい!」のタイプです。
間違った考え方ではありません。
ただ、男選びの際に無計画に判断している方が多いと思いますよ。
雰囲気
流れ
言葉
態度
この流れに身を任せて不倫はダメだと理解してるけどズルズルと2年~10年と続けてしまった。
これは完全に自己責任となります。

● 「既婚者」をなぜ好きになる?
不倫は妻・子供への裏切り行為ですからね。
出会ってから誘いの時点で既婚者とわかっていれば…誘いは断ってください。
食事に行く。と言う行動は甲乙が「認知」してますし、嫁や家族の話を出したのに…口説かれてしまった。
これは「追認」した状態と言えます。
なので、口説かれた・お酒の勢いで…は通用しないのです。
概ねは自分の中に関係を持っても良いと思っていた。と言われても仕方のないスタートですよ。
デートするなら離婚してからね。と伝えてあげるのも自己保全であり、彼への易しさ。
ご飯くらいはOKでしょって結果的には「追認」と同じです。

● 「既婚者」を好きになってしまったら?
これはどうしようもない。
人の感情って意識すればするだけ深みに向かってしまいますからね。
好きならば好きを徹底してください。
ただ、先の無い不倫を続けるのは時間の無駄なので「計画的な不倫」を推薦します。
1年後・2年後には同棲できる。
離婚したら養育費は何年後まで払う必要があるのか?彼の給料で続くのか?
自分達の間に子供ができたらどうするの?
こうやって建設的に恋愛を考えるのも不倫では必要ですよ。
無計画に好き・大切・愛してる。の言葉に責任を押し付ける行動は「逃げ」となるのです。

● 彼氏選びの洞察力とは?
重要ですね。
先ずは自分の経験値を上げることが必要だと思います。
無駄に男性と付き合って別れるを繰り返すと言う意味ではないですよ。
多くの男性と話をして口説かれる・誘われる状況になれること。
男性ってどの時点から本音を出すのか?
その言葉に何が隠れているのか?
これを理解できないので、誘いの初期段階で「期待」をしてしまい、本気になる女性は多いのです。
フェードアウトで別れることが多いのは期待(理想)が大きいか、それを押し付ける会話をしている。
なので遊びから入った男性は逃げていきます。
ただ、遊びで始まった恋愛も本気になることって多いですからね。
比較検討の時点で「この女性は2番・3番だな」と感じさせる接し方は厳禁です。

<洞察力を意識した接し方>
① 男性を比較検討できる経験値をあげる
② 言葉の裏側を考えて会話する
③ 表情から嘘のときにどうなるのか?を調べておく
④ 自分のペースで会う約束をする
⑤ 自分から心を開いて、男性の心を開かせる
⑥ 整理整頓は机と人も同じ(汚い人は我侭・几帳面は嫉妬深い)
⑦ 嫁や彼女の悪口を言う人は、恋人を大切にしない
⑧ 同じ質問を3回聞くこと(浮気癖は答えが違うケースが多い)
⑨ 1回目の行為まで早くて良いが、2回目は期間を空ける
⑩ 既婚者とはデートしないこと!

この記事をシェアする