人生で暗闇を感じたら「星」を探してください

 勝てる恋愛テク

11月に入って上着を羽織らないと寒い日が増えましたね。
「冬」の気配が漂って来たと感じます。
人生でも辛い時期は“冬”と例えられることがあります。
なので、人生にとって良くない出来事が重ねれば心も体も“寒く”感じてしまいます。

冬と言えばクリスマス。
恋人同士のイベントもあり人肌が恋しくなる時期です。
逆に言うと恋愛関係を深めやすい季節とも言えます。
しかし、それだけ冬の恋愛に対する期待が大きいこともありデートでスベッたら…
恋愛関係は致命的となりかねません。
修復不能、もしくは別れを告げられてしまうと冬の寒さが一層身にしみます。

「周りは幸せそうにしているのに、どうして自分だけ…」
こんな感じで惨めな気持ちになったり、
別れを告げた恋人に「こんなに愛しているのに」と思ってしまうこともあるでしょう。
そんな落ち込んでいるとき。
一筋の光が見えれば一層輝いて見えるのかも知れませんが、
未練を抱いていると過去の“残像”が邪魔して見えるはずの光が見えなくなります。
過去の“残像”を振り払うには、暗闇の環境に身を置いてみるのも一法です。
都会は夜でも明るいので、郊外がいいかも知れません。
暗闇に身を置いた時、目に入るのは夜空に輝く星の光のみではないでしょうか。

冬は夏に比べ日照時間が短く、乾燥していて他の季節に比べ星がよく見えると言われています。
関西も大阪、兵庫、奈良、和歌山などの山間部に星空スポットが多数ありますよね。
広大な暗闇の宇宙に輝く星に思いを馳せる時、
地球上の自分のちっぽけさを改めて認識し悩みなど吹き飛んでしまうかも知れません。
もしくは、単純に星を「綺麗だな~」と思ったり、
新たな人生や恋愛に臨む気力を得られる方もいらっしゃるでしょう。
恋人との関係に亀裂が入ってしまった方の場合。
行き先を告げずドライブに誘って「夜空」が関係をよい方向に導いてくれることもあるでしょう。
その際、天気予報や星空スポットの下調べが必要ですよ。

星の見える場所は日常の雑音も去ることながら、心身のリラックス効果があると言われています。
悩んだり行き詰まったりした時。
夜空を見上げれば星の光が希望となってあなたの道しるべをしてくれると思いますよ。