ベテラン主婦が大切にする「我慢」と「思いやり」

 勝てる恋愛テク別れさせ・復縁事例

結婚で大切なのは、我慢と思いやりです。

ある30代女性に母親から届いた結婚祝いの手紙。
最初に綴ってあったのは、「おめでとう」でも「幸せになってね」でもなく…
我慢と思いやりの大切さを説く言葉であったそうです。

女性の母親は、専業主婦歴30年を超える結婚生活の“ベテラン”。
夫が決めた家庭の方針を受け入れ、時にはわがままも聞き、2人の子供と夫の間に立って意見の調整役も果たしてきたそうです。

我慢と思いやりとは?
相手の言うことをそのまま受け入れることなのか、と言えば、そうではありません。
一旦言われた言葉を受け入れ、自分なりにこうしたほうがよいと思うやり方で調整しながら、アレンジして臨むのがコツとのこと。
結婚とは、新婚ホヤホヤの時期を過ぎれば、待っているのは、人生や生活への価値観と意見の違いです。
これらの違いをどう擦り合わせて、相手を受け入れていくか、が我慢と思いやりというわけでしょう。

特に女性は、結婚に淡い期待を抱いているケースも少なくありません。
献身的な夫との充実した生活、楽しい時間を想像しがちですよね。
ですが、共有する時間や共に臨む課題が多くって見えてくるのは、見えなかった氷山の下の部分、裏の顔です。

結婚前は、お互いが合わせる、妥協していた部分がありますからね。
共同生活で、全てを妥協していたら、思い通りにならない、満たされない欲求がストレスとなって蓄積していきます。
かと言って…
好き放題に自分のやりたいようにしていたら、相手から愛想を尽かされます。

大切なのは「我慢とおもいやり」です。
相手が妥協できる部分・妥協できない部分を見極めて、妥協してもらえる部分は妥協してもらうこと。
妥協できない部分は、自分が折れて受け入れることです。
自分も、妥協できる部分は妥協して、妥協できない部分は相手を説得する。
相手が受け入れそうなことは、受け入れてもらうための取り組みが欠かせませんよね。

ここで求められる能力が、相手への思いやりと自分が我慢するということでしょう。
相手を知っていくうちに、いい意味でも悪い意味でも発見があります。
性格や行動が予想できるようになる、
自分の意図に従って動いてもらうことができるようになる。
こうやって、思いやりと我慢を含めた「結合点」が逆に結婚の醍醐味と言えるのかも知れません。

この記事をシェアする